« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月の118件の記事

長州青組 in ふくこいアジア祭り2007

長州青組のお知らせを見てると、よさこいのみなさんが、いかに地域で活動していらっしゃるかが分かります。

このふくこいには新幹線でおみえになったのですね。途中乗換えで、移動時間1時間以上…って来るときはまだしも、帰りが大変ですね。チームによってはバスを借り上げたり、乗り合わせで自家用車で移動したりと、演舞するまでには、いろいろなことをクリヤーしなくちゃいけない。

祭りの会場でも、数会場をまた移動。好きじゃなきゃとっくに止めてますよね。そうしないのはやっぱり、大切にしたい今があるからに他ならない。ひとつとして同じじゃない時間を楽しんで使い続けるならば、きっと、楽しい時間はいつもよりゆっくりと進んでくれるんでしょうね。

そんな時間の中で出会える多くの人たちとの深い『縁』を感じながらの演舞。みんなに十分伝わりましたよ、皆さんの思い。

公式ガイドブックより引用 長州青組 大切な「今」を力の限り踊ります!

結成8年目を迎える山口市の「長州青組」でございます。今年の演舞は「縁」といいます。「一期一会」をテーマにしたこの曲で、二度と戻ることのない大切な「今」を仲間と共に そして見てくださる皆様とともに全身で感じながら、力の限り一生懸命踊ります。どうぞよろしくお願い致します。 山口県山口市 演舞曲 縁(えにし)Img_7745

長州青組 in ふくこいアジア祭り2007の写真を見る

| | コメント (2) | トラックバック (0)

させぼ飛躍年隊2007 in ふくこいアジア祭り2007

いよいよ今年も最後の一日となりました。皆さんにとってこの一年はどんな年でしたか。

自分にとっては、もちろん素晴らしい一年でした。色んな出来事があって、そのたびごとに多くのことを学んで来れました。このブログがきっかけで出会った多くの人に「ありがとう」ってお礼を言わせてください。

顔も合わせたことがないのに、笑顔が縁で、多くの方から心のメッセージをいただきました。こんな自分を心から信じてもらえるって本当にうれしいことですね。

いい言葉はあげられないけど、自分の思いだけは伝えたくて、生意気なことも沢山言わせていただきました。みんな自分の力でちゃんと歩み始めるのを確認できて、そのたびに笑顔をいただきました。負けられないって、自分にも力をいただきました。

ほんとうにありがとうござます。

させぼ飛躍年隊って毎年チーム名が西暦にあわせて進化して行くんですかね?

魚で言えば出世魚?よさこいで言えば飛躍年隊っていうくらいメジャーなんでしょうね。ただ違うのは、よさこいは出世を望まなくてもいい場所だってことですよね。

2007最後の一日。改名前に今年一年をゆっくりと振り返ってみてください。そして2008を冠した飛躍年隊を楽しみにしていますね。

公式ガイドブックより引用 させぼ飛躍年隊2007 佐世保の熱き思いを皆様に!

「佐世保の元気は市民から!」を合言葉に九十九島・佐世保市・長崎県のPRを全国各地で行っている市民チームです。一人ひとりの元気と輝きがチームとなって一つにまとまり、佐世保の熱い思いを心意気で表現します。 長崎県佐世保市 演舞曲 満10 さらなる飛躍Img_7781

させぼ飛躍年隊2007 in ふくこいアジア祭り2007の写真を見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さるくcity403遊歩隊 in ふくこいアジア祭り2007

ガイドブックが間違いだったら申し訳ないんですけど、結成11年目で初めてのふくこいっていうのは、凄く遅咲きって感じなんですね。ふくこいアジア祭り2007には、このチームを含め『20』の新しい踊り手が参加されています。

見るからに緊張が伝わるこわばった顔が、徐々に笑顔に包まれて、最後は、息も荒くなるほどの演舞。やっと終演でホッと飛び出す笑顔。記念すべき『4分半』は何も覚えていないっていうくらい、張り詰めた時間なんでしょうね。

大観衆の前で、一人で滑るフィギュアスケートの様子が年末に放映されていました。自分の前に完璧な演技をした選手が居て、まだ会場がざわついている中で滑り始めて、普段感じないプレッシャーで体が思うように動かなかったってインタビューで答えていましたよね。

確かにそうだろうなって思います。普段どんなに厳しい練習をしていても、たった一度の本番でうまく行かないこともある。どんなに残念なことでしょう。でもその選手が偉かったのは、途中の失敗に萎縮することなく、頭を切り替えて自分の持っているものを出せたってところですよね。

個人競技ではないよさこいに必要になるのはやっぱり、人と人の和ですよね。

頼りになるのは自分だけっていう利己主義が通用しない集団での演舞。「自分はきっちりと音楽に合わせて踊っているのに…」って他の人に食ってかかっても、チームとしての進歩はあり得ない。

あの広い会場の中で、ぽつんと孤立するのではなく、仲間も一緒なんだからって思うからこそ、心も体も一体になれる。心細さをなくしてくれる仲間の存在ってありがたいですよね。

繰り返しの練習は、仲間とのふれあいで出来上がる意識。それを絆って呼ぶんでしょうね。一朝一夕には出来上がらないものだからこそ大事にして行きたいものですね。

公式ガイドブックより引用 さるくCity403遊歩隊 元気な佐世保をアピールします

今年で結成11年目、佐世保中央街(さるくCity403)がスポンサーのチームです。今年のテーマは「絆」。踊り子の心の絆を大切にし、明るく、楽しい、元気に踊り、佐世保の町をアピールします。 長崎県佐世保市 演舞曲 Img_7741

さるくCity403遊歩隊 in ふくこいアジア祭り2007の写真を見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

長州南蛮連 in ふくこいアジア祭り2007

チームのオフィシャル・サイト、かっこいー。英語が堪能なのかな?

いいですよねワールドワイドって。これなら国外に通じるかもしれませんね。momospapaは日本語もままならないくらいなんで、国外に何かを伝えるっていうのは出来ないでしょうけど、一件だけアクセスはあってるみたいです。コメントを書きたいけど…写真だけでも伝わるかなーって高をくくってます。

どうでもいいことですけど、中国の女性は今研修期間じゃないみたいで、例の小道で会うこともなく寂しい。せっかく中国語会話のDVDまで買い込んでるのに…。

掲示板を拝見しましたけど、冬の間も活動は全然休止していないんですね。新曲の作成。新チームの立ち上げ…。息吹を感じます。

ちょっと話はそれてしまいますが、走りを始めるのにどの季節がいいのかなーって考えることがあります。やっぱり暖かくなってからの方ががいいんじゃないかって思われますよね。でも意外にこの時期から始めるのもなかなかいいんですよね。

寒いから動く、動くと温まる。汗は出にくいけど、カロリーはしっかり消費できてる。逆に脱水なんて起こさないし、給水も必要ないから体には優しいんですよね。加えて、春になると段々と気温も上がってきて、景色も変化してくる。

新緑の中を走り抜けるのって爽快です。寒い冬を乗り切ったものだけが感じる爽快感ですよね。

そういう意味で、よさこいのみんなも、決して休眠しているわけじゃないんですよね。

一年が終わろうとしていますが、その年の出来事を一つひとつ振り返りながら、ニッコリしたり、シュンとなったり…色んなことが交錯するこの時期。皆さんの思い出に残る一場面ってどんなものなんですかね。

公式ガイドブックより引用 長州南蛮連(ちょうしゅうなんばんれん) ステージに立てる喜びを披露します

我々、長州南蛮連は山口県宇部市を中心に活動しているよさこいチームです。今年も「ふくこいアジア祭り」のステージに立てる喜びを演舞に変えて皆様の前で披露させて頂きます。我々の踊りをとくとご覧ください。 山口県宇部市 演舞曲 Ougon(おうごん)Img_7726

長州南蛮連 in ふくこいアジア祭り2007の写真を見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一喜一遊 in平戸南風夜風人まつり秋の陣動画編

一喜一憂は世の常ですよね。むしろ憂いや悲しみの方が多くて、頼みもしないのにやって来ますよね。
だったら『遊び心』で楽しんでしまうっていうことかな。いいネーミングですね

笑顔ばっかり好きだって公言してるんで、能天気なやつだって思われるでしょうね。
でも、本当にそのとおり能天気なんですよ。
家族からは化け物って呼ばれてます。
絶対に落ち込まない。うつなんかになるわけない。くよくよなんてしない。

そんな人間が居るわけないのに、それは向こうも分かってるのに、そう言ってもらうと、逆に楽になります。だからいつも笑顔で居れる。笑顔で居なきゃって力を入れることもない。

頑張れてしまいます。

| | コメント (0)

帝 in 平戸南風夜風人まつり秋の陣動画編

ビデオ共有に投稿すると、記事にする前にちゃんとチェックしてくれる人が居て、凄く嬉しいです。
その嬉しさは、せっかく投稿したから、見てもらって嬉しいっていうんじゃなく、こんなに押し詰まった時期にも、よさこいに興味を持ってくれている人が居ることや、笑顔が大好きな方々が居るんだっていうことが実感できるからです。

帝とは佐世保でもお会いしました。
アーケードの演舞の直前で、集合場所で緊張感漂う場所を見せていただきました。

笑顔はあまり見れなかった気がします。演舞中の顔を見てると、踊る前の方が逆にプレッシャーも感じるんだなーって伝わりました。

踊り始めればこっちのもんですよね。観客を意識しすぎることも、自分を必要以上に飾る必要もない。踊り始めることは、スイッチが入ったって感じですよね。

| | コメント (0)

九州看護福祉大学飛羽隊in平戸南風夜風人秋の陣動画編

ダメ夫って思ってたのに、意外としっかりしてるんですね。
やっぱり人を判断するのには時間が必要だってことなのかな。
この番組の人気の秘密はやっぱり、興味本位の夫婦交換じゃないってことですよね。

これをきっかけにお互いの夫婦が、いっそう愛を深めるんでしょうね。

飛羽隊のメンバーも今からそんな家庭を築いて行くんでしょうね。
結婚したては、甘くて当たり前。もし、合わないなって思っても、結論はゆっくりと出してもいいんじゃないですかね。だって神様が与えてくれたんだから、意味がなく出会わせるわけがない。そう思いますよ。

| | コメント (0)

総踊り練習in平戸南風夜風人まつり動画編

ラブちぇん。あり得ないグータラ夫ですよね。
夫や妻を交換なんて、凄くいい企画力ですよね。隣の芝生はやっぱり青くはないんだよって思える慣れたもの同士。長い間に空気や水みたいに、有難味が普段感じられなくなっている二人には、いい機会を与えてもらうんでしょうね。

12人家族って凄い。けど多いなら多いなりに家族が協力し合うことを自然に学習するんですよね。
昔は普通だった大家族。また見直される時代がやって来るかもしれませんね。

よさこいでの総踊り。その前に事前練習。いい光景ですよね。これこそがふれあいだなって思えます。

| | コメント (0)

とようら舞龍人in平戸南風夜風人まつり動画編

続いてとようら舞龍人の登場です。
って夕食食べながらなんで、下手なコメントは抜きにしますね。

番組見てるけど、やっぱりごくせん好きだなー。自分の大切なものは全力で守りたいですよね。

あともちろん美姫ティーも好きだし…

休みはテレビっ子です。いつもだけど…。

| | コメント (2)

粋in平戸南風夜風人まつり秋の陣動画編

いよいよ押し詰まりましたね。
外に出ると帰省と買い物の車でいっぱい。せわしいことこの上ないって状況です。
こんな時は、早めに夕ご飯を食べて、後は家でゆっくり&のんびりして家族と過ごしましょう。

…って帰省中の方は、大変でしょうけど、こんな時こそ落ち着いて。
せっかくのふるさと。元気な顔を待ってくれてる家族のためにも、怒らず慌てずで行きましょう。

というわけで我が家は今から鍋で夕食です。
モモもせわしくコタツから出てきましたよ。動物病院でモモのえさを買ってきてくれた家族が、「今から緊急手術です」って先生が準備してたって。
大切な家族がそんなことになったら、正月返上でついていてあげなきゃ。

今のところ全員元気であることに感謝です。

前語りが、よさこいとは全然関係ないんですが、懐かしいところで『平戸南風夜風人まつり秋の陣』の映像をいくつかお届けします。

| | コメント (0)

山口大学よさこいやっさん!!  in  ふくこいアジア祭り2007

山口大学ってなんだか開放的だなって思えるページですね。

“青春を謳歌する”って言葉づかいも最高。声を合わせて歌うこと。声を合わせて褒めたたえることっていう意味の言葉。文字からでも仲間がお互いを思いあってる姿が連想されます。

興味が湧くのはホームページもなんです。momospapaもいずれはホームページの開設をって思ってまして、その準備は完全に整ってはいるのですが、まだ実行に移せていません。ソフトも買ってるし、インターネットの環境も整ってる。

フォトショップもイラストレータもプレミアも、何でも揃ってます。唯一揃ってないのがやる気。コツコツブログも立派なホームページではありますが、ホームページになるともっと多くのデータが必要になる。自分の興味に、見てくださる方の興味。知らなかった知識を与えたり与えられたり…。その将来性は限りないものがあると思います。

ただそれは文字であって、心ではないんですよね。NHKの番組で、文字だけで会話するのと、口で会話するのはどれくらい心の通じ合いに差が出るかの実験を行っている場面を見かけました。

アクセントや表情で全然伝わり方が違いますよね。やっぱり、体で表現することがいかにに大切であるかを表したいい見本だと思いました。

思想や観念などを具体的な形であらわすこと。身をもって実現することって言う意味を持つ『体現』という言葉がありますよね。

『よさこい鳴子踊りを通じて地元地域の活性化に貢献すると共に自らの心を躍らせることである。』っていう会則第1条をもつ、よさこいやっさん!!まさに自らの思いを体現されていますよね。

アポとって取材に寄せてもらおうかな?

公式ガイドブックより引用  山口大学よさこいやっさん!! みなさんに爽やかな風をお届けします

山口大学からやって参りました、よさこいやっさんと申します。勉強にバイトによさいいの日々、青春を謳歌しています。本日は、皆様に爽やかな風をお届けできればと思います。ご声援よろしくお願い致します・ 山口県山口市 演舞曲 青葵花(あおきはな)Img_0545

山口大学よさこいやっさん!! in ふくこいアジア祭り2007の写真を見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

梅光学院大学LUCIS  in ふくこいアジア祭り2007

梅光学院大学の前身は『震度10』なんですね。

部員が増えて“のれんわけ”ってことなんでしょうね。サークルがどんどん大きくなって大所帯になっていくのって素敵なことなんでしょうね。そのまま大勢で演舞する道もあれば、いくつかに分かれる道もある。

もし分かれてしまう場合も、元居た場所っていうのは、やっぱり大事な場所なんだろうなって思います。

Img_0193右の画は、震度10です。衣装を見るとちゃんと『震度10譲り』の部分も残してるし、それってなかなかいいですよね。親子で顔や性格が似てるっていうのと一緒だなって思います。でも子供は子供なりに頑張っていつのまにか、親を追い越すくらい大きくなる。けど、親も黙って見てるわけがない。越されてなるものかって、爪先立ってでも、集合写真に写ろうとするんでしょうね。よさこいの場合も、そんな親子のようにお互い刺激しあう関係で居つづければいいわけで、そこには、見栄なんてものも、優越感や劣等感みたいなみにくさは必要ないですよね。

4月にはまた新しい旅立ちが待っていますよね。

それぞれの進む道は別々になるかもしれませんが、この根底には震度10やLUCISで培った大きな根っこがあって、同じ養分を分け合った木々たちは、育つ場所が変わっても、いつか同じような花を咲かせる。そんな気がするLUCISの笑顔に出合えました。

公式ガイドブックより引用 梅光学院大学LUCIS(ばいこうがくいんだいがく るーきす) コンセプトは学生ソウル、盛り上げます

こんにちは、梅光学院大学ルーキスです。下関から来た若さとパワーあふれる学生チームです。私たちは学生ソウルをコンセプトにこの福岡の地を盛り上げますので応援宜しくお願いします。 山口県下関市 演舞曲 覇紅(はく)Img_7680

梅光学院大学LUCIS in ふくこいアジア祭り2007の写真を見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

肥後真狗舞  in ふくこいアジア祭り2007

九愛熱人。いい言葉ですね。九州に限らず熱い人は、日本中いや世界中いたるところにいらっしゃいますよね。その中でも熱い肥後真狗舞。

すっきりとしたハッピが逆に燃えたぎるものを伝えてくれますよね。

九州のど真ん中でドンと構える阿蘇山。我々に恵みも与えてくれているんですかね。地元ではないんでそのあたりのところはよく分からないんですけど、台風シーズンになると、よく九州を直撃するコースで鹿児島~熊本~福岡って進む場合があります。

でも阿蘇山はそんな台風も、その大きな体で受け止めてくれ、上空高く巻き上げてくれるんです。差しさわりがあって不謹慎ですけど、台風が来るなら真南から来いって阿蘇山頼みです。

大地は生き続けているんだぞって訴えかける真っ赤な火口。迷惑な火山灰や噴石もありますが、それに勝る湧水もあちこちで見られます。厳しい環境でも毎年芽を出し、緑の台地となる草原。それをはむ牛たち。力強さの象徴である阿蘇は、やっぱりみんなの宝ですよね。

そんな宝同様、若い者には負けないぞって虎視眈々と、陰じゃなく日の当たる場所からこの国を熱くしようって狙ってる『万年若者』がすぐそばに居ますよ。不肖momospapaもあちこち火をつけて回ってますからね。でもどのチームもしっかり種火が残ってるんで安心してますよ!

背中にもそのチーム名にも、雄大な阿蘇を背負った肥後真狗舞。来年も熱く熱くこの地を愛してくださいね。

公式ガイドブックより引用 肥後真狗舞 若者のパワーで九州を熱くします

私達は熊本市を中心に活動しているチームです!笑顔と元気、そして若さあふれる踊りが自慢です。若者のパワーで九州を熱くする肥後真狗舞をどうぞご覧あれ!! 熊本県熊本市 演舞曲 無限の絆Img_7675_edited1

肥後真狗舞 in ふくこいアジア祭り2007の写真を見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伊萬里蟒酔人 in ふくこいアジア祭り2007

もう、ほとんどのところで仕事納めでしょうね。忘年会は早く終わらせないと、もう呼び名が変わってしましますよね。そう年が明けたら『新年会』。

人ってうまいこと理由を付けて、機会があれば飲もうって企てますよね。

酒が飲めるぞー♪って替え歌は全国至るところにあるみたいですね。

12月は年末で酒が飲めるぞー。酒が飲める飲めるぞー 酒が飲めるぞー♪

1月は正月で酒が飲めるぞー。酒が飲める飲めるぞー 酒が飲めるぞー♪

…全部歌える人コメントください。

もちろん蟒酔人のメンバーは、顔を合わせればそのたびに美味しい酒を飲んでるんでしょうね。佐賀は米どころだし、銘酒も多いのかな。

鍋島公が、美味しい佐賀の米をそのまま出荷するより、加工して付加価値をつけ潤いをと始まったといわれる佐賀の酒づくり。 古伊万里 天吹 窓乃梅…。へー!のんのこも佐賀なんだって、よさこいと関係ないですかね。

でも、地域性が現れる酒同様、蟒酔人の演舞も凄くいいですよね。

公式ガイドブックより引用 伊萬里蟒酔人(いまりうわばみすいじん) 福岡で全てを楽しみます

祭りを楽しみます! 踊りを楽しみます! お酒を楽しみます! 仲間を楽しみます! 佐賀県伊万里市 演舞曲 蟒2007(うわばみ2007)Img_7664

伊萬里蟒酔人 in ふくこいアジア祭り2007の写真を見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

肥後真狗舞 in ふくこいアジア祭り2007動画編2

真狗舞のみなさん、記事アップの連絡と、実際のアップがずれてしまってごめんなさい。
写真に動画に、毎日の記事のアップにってやってると、いったいどこまで進んでるのか、自分でも分からなくなるときがあります。
分かっているのは、まだかすやの分が残ってるってことですね。
もう、一ヶ月以上過ぎてしまいましたけど、こんな調子ですから、もう来年にしかアップできません。
ふくこいアジア祭り2007の分は、1月の上旬に終わりそうですので、それからってことになります。

写真をダーってアップしてしまえば楽なんでしょうけど、そうしたら一年を振り返れなさそうで、大事に大事にデータと皆さんの笑顔を扱わせていただいてます。

まだかよーって待ちくたびれしまわれてるチームも、もう少しお付き合いくださいね。
記事にしましたよーってお知らせも、したりしなかったりなんで、ブログの中から自分たちの笑顔を探し出すのは至難の業でしょうけど、
『カテゴリー』で自チームが出場された祭り名を選択されれば、少しは見やすいと思います。よろしくお願いしますね。

ちなみにこの記事で210を超えました。3ヶ月ですから結構多いでしょう。でも数が多いだけで、内容は薄っぺらです。それをカバーしていただく、皆さんの笑顔にはいつも甘えっぱなしですね。

| | コメント (0)

肥後真狗舞 in ふくこいアジア祭り2007動画編1

今の阿蘇の状況はどうなんですかね。
火口カメラでものぞいて見ようって思うですけど、相変わらず荒々しく燃え続けているんでしょうね。
地球もちゃんと生きてるんだよって、実感させてくれる阿蘇。
スケッチする人もいっぱい居るみたいですね。
写真もいいかな。

肥後真狗舞の皆さんは、この阿蘇をバックに演舞されたことってあるんですかね。そんな祭りはないのかもしれませんけど、雄大なその山に似合いそうな気がしますね。
審査も何もなく、牛も観衆に加わって、演舞を眺めたり、おにぎりを食べたり、寝っ転がったり…って自由な催しを想像してしまうほど、いい環境ですよね。

家族で出掛けようかな。カメラに、スケッチブックに、レジャーシートに、モモに…。春がいいかな。いややっぱり夏場かな。でも秋がベストかも。

| | コメント (0)

踊るあほう組 in ふくこいアジア祭り2007動画編2

今日も凄く暖かな一日でしたね。
原油が値上がりしてるから、助かります。
でも、暖冬の原因が暖房だったり冷房だったり、意味のないドライブだったり…って考えると、多少複雑です。
踊るあほう組の皆さんは、今年もそんなところに気配り目配りをしながらの活動だったのかもしれませんね。
便利と引き換えに壊してしまっては、とんでもないことになりそうな地球環境。
一年中無理をさせた地球のためにも、年末年始ぐらい逆に不自由を味わうのも悪くないって思いませんか。

寒ければ服をもう一枚多く着込んで、天気が良ければ、暖房や電気をこまめに消す。お風呂も次々に入ってしまう。そんな小さなことでも、地球は素直に喜んでくれるはずですよね。

| | コメント (0)

踊るあほう組 in ふくこいアジア祭り2007動画編1

年末は慰問に行かれたんですかね。
やっぱりふるさとで過ごした年末年始。それなのに帰れずに、施設で新年を迎えなけない人もたくさん居ますよね。
だったら、こっちの方から訪ねてあげましょうよ。
帰りが辛いって言う前に、会えないことの方がもっと寂しいですよね。

| | コメント (0)

さわらYOSAKOI隊 in ふくこいアジア祭り2007

早良区っていうと、施設ではシーサイドももち、市立博物館、福岡タワー…。

食べ物では“しらうお”~おどり食いですね。博多湾から室見川を登ってきたシロウオを地元ではそう呼ぶんですよね。一度だけ食べに来ましたよ。っていうより飲み込みにって言った方がいいのかな。

川がキレイだっていう証ですよね。

そこで活動するさわらYOSAKOI隊。下は10歳以下から上は60歳以上までっていう幅広い年代のメンバーで構成されているんですね。地域の老若男女が集まってチームといえるのかな。

いいですよね、そんな集まりがあると。

地域で何かをやるときも、一から話を始めなくてもすむし、大人も子供もひとつになれる。よその子もちゃんとしかれるし、ほめてもあげられる。昔どこにでも見られた風景がそこにはあるんでしょうね。

もしかしたら地域づくりのこれからのキーワードは“よさこい”なのかもしれませんね。

公式ガイドブックより引用 さわらYosakoi隊 初のオリジナル曲で参加、ご期待ください

福岡市早良区の南部に位置する早良校区を拠点に活動を始めて、4年目を迎えました。メンバーは5歳から60歳までの男女。和太鼓と一緒に活動をしています。今年は初めてオリジナル曲での参加となります。 福岡県福岡市 演舞曲 背振おろしImg_7643

さわらYOSAKOI隊 in ふくこいアジア祭り2007の写真を見る

| | コメント (2) | トラックバック (0)

踊るあほう組 in ふくこいアジア祭り2007

『福岡県青年の船の会』から発足した組織『福岡県青年の会』。

その目的はボランティアだけにとどまらず、地域のお祭りやまちづくりを陰で支えたり、福祉施設や介護施設へ訪問など様々とのこと。

少子化が問題視される現在では、もうその存在さえなくなってしまったのではないかと思う『青年団』を思い起こさせます。懐かしい。

地域で盆踊りを主催したり、駅伝大会、青年大会、演劇も盛んだったなー。毎晩毎晩集まって、せりふを覚え、小道具をつくり、緊張の本番。そんな経験も今は段々となくなってきているみたいですね。

地域で大事な役割を持っていた『青年』が居なくなることは、この国にとって大きなマイナスですよね。

その意味で、この踊るあほう組の役割はますます大きなものになると思います。

公式ガイドブックより引用 踊るあほう組 楽しむことなら誰にも負けません

私たち「踊るあほう組」は「福岡県青年の会」というボランティア団体のメンバーで構成されたチームです。まだまだよさこいをはじめたばかりのドシロウト集団ですが、楽しむことならどこにも負けないつもりです! 福岡県筑紫野市 演舞曲 ムスヒMIXImg_0519

踊るあほう組inふくこいアジア祭り2007の写真を見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あばれんinふくこいアジア祭り2007動画編3

で、やっぱり焼酎は芋ですよね。
休日に温泉で瓶焼酎を飲んじゃいましたよー。熟成された感じですごくまろやか効果の瓶。欲しいんですけど…、宮崎は地元だから、いい品物(焼き物)ないですか?今度教えてくださいね。

けど、そんなの邪道だって笑われるかなー。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

あばれんinふくこいアジア祭り2007動画編2

ところで教えていただいた、その衣装のイメージカラーの元、マンゴーって年から年中宮崎のあちこちで食べられるんですかねー。知事の頑張りでずいぶん有名になったけど、皆さんは数も当然多いんだから、その元気と笑顔で、特産物のPRもしてくれないと…。

やっぱり、夏が似合うのかな。呼んでもらえれば車を飛ばして来ますよ。
野宿したって、徹夜で運転したって、みんなを見れるなら…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あばれんinふくこいアジア祭り2007動画編1

あばれんの皆さん元気ですかー!
休眠中で運動不足になってませんか?
ただでさえ、お正月は食べすぎでふっくらなってしまって、体も重たくなってしまいますよね。

そんなときには、この懐かしいふくこいアジア祭りの、自チームの様子に合わせて踊ってみてくださいね。
オドリタイ虫が、ムクムクと動き出しますよー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

月華美神 in ふくこいアジア祭り2007動画編2

どうしても、風邪を引きそうだって時には、風邪薬。
いろいろと出回っていますけど、自分にあった薬ってありますよね。
それを服用して、早く寝ましょう。

…って、よさこいと全然関係ないみたいでしょう。
いえいえ…。何事も身体が資本です。元気無くして笑顔なし。
少々無理がありますけど、みんなの元気はmomospapaの元気ですからね。
よろしくお願いしますよー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

月華美神inふくこいアジア祭り2007動画編1

外は月が輝いています。
ということは、明日の朝は冷え込むんですかね。
ノロウイルスはまだ収まっていないところもあるみたいですし、寒かったり、今日みたいに少し気温が上がったりすると、風邪を引きやすいですよね。

今引いてしまうと、憂鬱なねんまつねんしになってしまいます。
寒気を感じたら温かいものでもお腹に入れて、それでも温まらないときは、少しお酒でも飲んでぐっすり休みましょう。
くれぐれも飲み過ぎないように…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

我白天晴inふくこいアジア祭り2007動画編2

我白天晴動画編その2です。
この衣装もう来年には新しいものに変わってしまうんですかね。
その前に背中の数字の意味が知りたいんですけど…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

我白天晴inふくこいアジア祭り2007動画編1

元気いっぱいの我白天晴。久しぶりに見るんじゃないですかね。
1月にまたその姿を見るときには、どんな進歩を見せてくれるのかな。
楽しみです。それまでの間、ふるさとに戻って元気を充填して来てくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

月華美神 in ふくこいアジア祭り2007

チームのホームページを拝見しました。

物事は始めるのもなかなか難しいのですが、継続することは一層難しいですね。場合によっては止めることも必要になる。そうなれば、始めた時とは比べ物にならないほど相当のエネルギーが必要になってしまいますね。

月華美神に限らず、どのチームも多かれ少なかれ、結成以来様々な紆余曲折を味わってらしゃるんでしょうね。

メンバーが揃わない。なら新しい人を勧誘しようってなってしまうのに、そうされないっていうのは、やっぱり自然体を大切にされているからなんじゃないかなって勝手に想像させてもらってます。

衣装がそれを表してる気がします。一つひとつ違うデザインのハッピは、古着を利用されているのかな。それが逆に新鮮ですよね。娘の晴れ着だったり、何代にも渡って使ってきた着物だったり、あるいは古着屋で手に入れたものだったり、いずれにしろ着た人が愛着を持ってたんだろうなーって思います。だから大事にしたい。

その想いがチームに対する愛着なんだろうな…なんて判断は間違ってますかね。だけど、年が明けて、身体が踊りを欲しがるほど暖かさを増し始めたら、またチームに勢いが戻って来るはずですよね。

九中大会in北九州での月華美神。みなさんもご注目くださいね。

公式ガイドブックより引用 月華美神(げっかびじん) 博多の街ではじけます!!

ふくこいアジア祭りに憧れ、2004年より参加させていただいています。博多の街の新しい祭りとして定着され、我々北九州の目指す模範とさせていただいてます。ここで踊れる幸せを感じ、はじけます!! 福岡県北九州市 演舞曲 わっしょいYOSAKOI北九州Img_7544

月華美神 in ふくこいアジア祭り2007の写真を見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

我白天晴 in ふくこいアジア祭り2007

仕事の方も年内はあと数日で終わるって感じの時期ですね。

洋風な儀式『クリスマス』が終わって、今度は純な日本人の儀式『お正月』がやって来ますね。

お年玉はいくらぐらい、いくつぐらいまでってアンケート結果が新聞の記事になってましたが、どう思われました。

小学生3千円、中学生が3~5千円、高校生で5千円っていうのが目安みたいです。でも相手の親からもらった金額分だけは返してあげなきゃってことで、それ以上になることもありますよね。

微妙なのは大学生とか、専門学生かな。まあ、それくらいの年になれば、友達と出掛けて行ってその場に居ないことが多いですかね。

あげるばっかりのmomospapaにとっては、出費が痛い伝統儀式ですけど、嬉しそうな顔を見ると、まあいいかって気になります。みんな何を買うのかなー。

我白のみんなはまだもらえるくらいの若さですよね。違うかな。それとも『微妙な人』が多いのかな。

公式ガイドブックより引用 我白天晴 我白のリズムを肌と心に響かせます

第7期を迎える今回のテーマは「風音」です。和洋折衷の試みをグルーブ感溢れる我白のリズムにのせて、皆様の肌と心へ響かせます。 福岡県糟屋郡 演舞曲 音人風流(おとふる)Img_7537

我白天晴 in ふくこいアジア祭り2007の写真を見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

むなかたおどり隊inふくこいアジア祭り2007動画編

失礼ながら、地元むなかたのときの演舞より、かなり動きがいいように感じます。
やっぱり踊り込むっていうのが必要なんですね。
何事にも必要な繰り返し。その大切さを、いい参考にさせていただきますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北九州わっしょい百万隊inふくこい動画編

北九州わっしょい百万隊の演舞の模様です。
このパターンであれば見やすいですよね。前の分は写真と記事の掲載に時間差があって見にくいかもしれません。動画の分が投稿が、日付の調整(さかのぼること)ができないため、ちょっとご迷惑をおかけいたしますが、ご勘弁を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

むなかたおどり隊inふくこいアジア祭り2007

何よりも、どこよりもご迷惑をおかけしたむなかたおどり隊。

とうとう切手代もお送りしないまま。それどころかお礼も言わないまま…ダメですねそんなんじゃ。せっかくのご好意をお金でお返しするのは、やっぱりなんとなく気が引けます。

もし、おどってん祭に行かなかったら、よさこいに夢中になることはなかったと思います。届いた封書の中には、祭のプログラム、タイムスケジュールのほかに、大切なものが入っていました。

忘れてはいけない人情ですよね。

自分みたいなものに、「ぜひ祭りを見に来て欲しい」と連絡をいただけるなんて、感動です。今でも毎日大切にかばんの中に持ち歩いているその封書は、私の大切な宝物です。

その宝物がきっかけで、失われていなかった熱いものが、ちゃんとあちこちで息づいているこを知りました。自分に見えていなかっただけだったんですよね。見る目を曇らせてしまっていた、自分自身に気づくことが出来ました。

今度は自分が、一人でも多くの人にその熱さを伝えなきゃっていう思いで、微力ですけどこつこつと皆様の笑顔をここに掲載させていただいております。懐かしいと思っていただく方や、自分もこんなに笑えてるんだって気づいていただく方、そして、次回も頑張るぞって決意していただく方…そんな方々に見ていただければ、笑顔たちも喜んでくれると思います。

いつになるかは分かりませんが、また祭りの会場にお邪魔させていただいて、今度はカメラなしで、その熱い演舞を応援させてくださいね。

公式ガイドブックより引用 むなかたおどり隊 心を込めた演舞ご覧ください

むなかたおどり隊です。皆様とのご縁をますます深まります様心を込めて演舞します。応援よろしくお願いします。 福岡県宗像市 演舞曲 沖ノ島物語!一祭合祭(いっさいがっさう)Img_0503

むなかたおどり隊 in ふくこいアジア祭り2007の写真を見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北九州わっしょい百万隊 in ふくこいアジア祭り2007

みんなイブはどうやって過ごしたのかな。
久しぶりに再会した人も居るのかな。いつも会えてる人も、特別な日を過ごしたのかな。
日本の行事じゃないにしろ、こんな日を設けてくれたことに感謝できる人も居れば、そうじゃない人も居るんでしょうね。
厳しい年の瀬を迎える人も居て、逆に海外に出かけて、正月もむこうでっていうのもありなんでしょうね。
別に必ずこうやって過ごせっていう決まりがない年末年始。でも一年の終わりと初めは、家族みんなが集まって、ただただゆったりとした時間を過ごせるといいなって思います。
待ってくれてるふるさとに今年は少しだけ早く帰ろう。そう思ってます。元気な両親のそばで、また子供に戻らせてもらえそうです。皆さんはどうですか。
北海道旭川で行われるYOSAKOIソーラン祭り。92年6月、10チーム1,000人の参加者から始まった第1回大会。今では300チームを超える一大イベントに。
参加者だけでも4万人以上。観客にいたっては200万人以上というけた違いの凄い祭りみたいですね。最終目標は、『リオのカーニバルに負けない世界規模の祭り』にということですので、意気込みが違う気がします。

北海道まで行けない私に、わっしょい百万隊は、力強い演舞でその雰囲気を存分に伝えていただきました。旭川に負けないためにはチーム名も3百万隊ぐらいにしなきゃだめですかね。

もちろん来年は九中大会も控えているわけですし、熱気では負けられませんね。

それにしても、演じ手全てが明るい笑顔で、益々8月の大会が楽しみですよね。

公式ガイドブックより引用 北九州わっしょい百万隊 北海道旭川の「かみどん」を踊ります

よさこい好きが集まり4年目を迎えました。平均年齢は高いですが、気分は乙女です。今年は北海道旭川の総踊り「かみどん」をお借りして、一生懸命舞い踊ります。どうぞ宜しくお願い致します。 福岡県北九州市 演舞曲 かみどんImg_0499

北九州わっしょい百万隊 in ふくこいアジア祭り2007の写真を見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

VOGUE603福岡 in ふくこいアジア祭り2007動画編3

最後の部分です。
やっぱり一気に見れないと不満ですよね。しかも画質も画面もいまいち。
冬の間にはちゃんとDVDに編集して、この会場にお越しになれなかった皆さんに差し上げますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

VOGUE603福岡 in ふくこいアジア祭り2007動画編2

第2弾です。一応『展開』部分かなってところで切ってますけど、どうかなー。
この日のmomospapaは、写真も同時撮影なんで、『被写体を追わない動画』で、すみません。
かすがではハンディーにして追っかけてみましたが、これもまた難しい。
いずれアップしますので、そのとき「ははーん」と納得されると思います。
いわゆる“どっちつかず”です。

なのに、よさこいの次の被写体は、動きがその比じゃないほど素早くて、今からもう大丈夫かなーって心配してます。けど、しっかり捉えたい動きです。機会があれば皆さんにもその様子をお伝えしますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

VOGUE603福岡inふくこいアジア祭り動画編1

やっぱりVOGUE603が見たいって方が多いみたいですね。
その要望のお応えして、11月10日福岡市庁舎ふれあい広場会場での『VOGUE603福岡』の演舞を、またまた3分割でアップさせていただきます。
この演舞は審査対象ではないんですけど、VOGUE603福岡の熱い演舞をお届けしますね。
7月からの練習。複雑なフォーメーションも難なくこなしているように見えますが、ここまで来るには相当の練習を必要としたのでしょうね。
でも、何度見ても楽しそうに笑顔で居れるところが、『踊るのが好き』っていう気持ちが現れているようで、感動しますね。
じゃあ、画面が小さくて、感動もいまいち伝わりにくいかと思いますが、頑張って見てみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あんみつ姫inふくこいアジア祭り2007動画編4

いよいよ最後です。
で、この後お出かけします。家族で。
もうクリスマスはいいかなって年齢の子供たち。
まだサンタの正体は解明できてないみたいですよ。
いつかこのブログを見て、ネタばれするといけないんで、そのお話はこのへんで。
メリークリスマス!よさこい大好きのみなさん!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あんみつ姫inふくこいアジア祭り2007動画編3

黒田武士中盤です。
これから、もうちょっと勉強して、全編をアップできるようにしますね。
とりあえず、ブチブチと断片的にですけど、雰囲気だけでもお楽しみください。
そういえば見ましたRKB。
忙しい映像でしたよね。もっと泣かせてもいいんじゃないかなーって思えたんですけど、それが福岡の良さかな?
そのあたりは、またいつか記事にさせていただきますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あんみつ姫 in ふくこいアジア祭り2007動画編2

黒田武士です。
福岡って言えばこれですよね。
古くから伝わる歌もこうやってよみがえると喜んでくれてるでしょうね。
熊本城は築城400年って言ってたから、知ってましたけど、福岡城もそうだったんですね。
慶長(西暦1600年代)ってどんな時代だったんでしょうね。
戦に明け暮れたのかな。
今も毎日が戦争だっていうあなたも、今日ぐらいはのんびりとしませんか。
もうプレゼントも用意できてるだろうし…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あんみつ姫 in ふくこいアジア祭り2007動画編1

クリスマスイブですね。
イブにはあまり似つかわしくないかなーって思うんですけど、元気なあんみつ姫の動画をみなさんにお届けしますね。
この動画編1は、とまとさんの前振りです。いいお話なんで見てみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あんみつ姫 in ふくこいアジア祭り2007

あんみつ姫…って周りに話を始めると、必ず「見てみたい!」「行ってみたい!」って言葉が返ってきます。

それほど、有名なこのチーム。その名前だけは少し知ってたのですが、実際に拝見したのは、『みづま』が初めてでした。そして、この『ふくこいアジアまつり』…こっちの方がメインなんですね。

底抜けに明るいとまとさん。いつも笑顔を絶やさないチームの方々。素直に楽しさが伝わります。『ENDLESS SMILE』は、なんとなくジャニーズっぽいな-って思っていて、誰が歌ってるんだろうって、会場で買ったレクチャーDVDを見せていただきました。

で、びっくり!お見それしましたー。

乞われればどこまでも出掛けるぞっていう意気込みと、各地の学園祭にも参加されているのは、やっぱり踊りを通じた深いつながりがあるからなんだろうなって思います。

そのつながりは、一日や二日で出来上がるものじゃなく、長い時間が掛かったんだろうなーって思うし、でも逆に今日会場であっても、すぐに古くからの友達みたいに接してもらえる懐の深さがあるってのも感じてしまうあんみつ姫。

ますます目が離せませんね。

公式ガイドブックより引用 あんみつ姫 力強く、元気な演舞をご覧ください

こんにちは、「あんみつ姫」です。今年は福岡城築城400周年を記念して「黒田武士」で参加します。酒は飲め飲め、踊りは楽しめ!私たちの力強く、元気な演舞をどうぞご覧ください。 福岡県福岡市 演舞曲 黒田武士Img_7465

あんみつ姫 in ふくこいアジア祭り2007の写真を見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三潴保育園“一心乱舞” in ふくこいアジア祭り2007

桜の白に対し、全く好対照な赤を基調にした衣装。その元気さと、数の多さも加わって壮観ですよね。

ガイドブックを見るとみんな赤いパンツ一丁で上半身裸。日頃から鍛えてるんですね。通勤の途中、近くの保育園や幼稚園でも、寒さに負けないで走ってる子供たちも見かけます。

大人がそんなことしたら、頭が変になってしまったのかと、お巡りさんが飛んでくるでしょうけどね。同じ走り仲間として尊敬します。いや裸で走る大人じゃなく、子供たちを。

そういえば自分たちも小さい頃はどんなに寒い日にも、あちこちを駆け回って、真っ暗になるまで外で遊んでましたよね。夕食が遅いっていうのもあったのかな。

一心乱舞は、在園児だけじゃなく、卒園児や保護者、それに先生たちまで一緒になって『踊り』に取り組んでいるんですね。多分これ以外にもみんなが一つになって取り組んでるイベントもあるんだろうなって思います。

何物にも変えがたい経験をした子供たちは、自分たちが大人になって子供を授かったら、同じようにここで踊りを経験させたいって思われるんでしょうね。

いい繰り返しだなって思います。

公式ガイドブックより引用 三潴保育園“一心乱舞” みづまっ子の熱き心を感じてください

保育園の年長・年中組の子供たち、職員、卒園児、保護者が集まったチームです。やるときゃやるさ、みづまっ子!輝く瞳の見据える先は、大きく膨らむ夢がある!親子を結ぶ感動の舞、一心乱舞の熱き心!!感じてください。 福岡県久留米市 演舞曲 夢翔舞(ゆめしょうぶ)Img_7435

三潴保育園“一心乱舞” in ふくこいアジア祭り2007の写真を見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BBC元気ッス in ふくこいアジア祭り2007動画編

クリスマスイブはどんな感じですかー?
大人にとっては忙しいばっかりかな。子供はプレゼント待ち。
カップルは別格の一日。家族持ちはだんらん。
日本の天皇の方が、日にち的には少し早かったんですね。
ミツちゃんは、凄いですね。大正生まれなのかな?

ますます元気なこの演舞。みんなも負けられませんよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

炎 in ふくこいアジア祭り2007動画編

炎っこさんもふるさとかな?
学生が居なくなって学校もシーンと静まり返っているんでしょうね。
でも冬休みってあっという間。卒業するもの、進級するもの、出会うもの、別れるもの…。
いろんなドラマを見続ける大学の校舎。
年が明けてそこに戻ったら、2番目のふるさとみたいに懐かしさを感じるんでしょうね。

それまでは、本当のふるさとでのんびり過ごしてください。
いいお年を!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

旅鯨人 in ふくこいアジア祭り2007動画編

鯨っ子さんもふるさとにお帰りですかね?
今年一年の頑張りを、また来年につなげてくださいね。
博多での旅鯨人の演舞の様子を動画でお届けします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

桜 in ふくこいアジア祭り2007

よくまあこれだけ体が柔らかいなって感心します。

学校の時から体が硬くて、柔軟体操では富士山なんて言われるくらい、前屈が出来なくて、それを今でも引き継いでるmomospapaにとっては、こんなの信じられません。

生まれつき体が硬いなんて人は居ないんだから、訓練の仕方では、自分もちゃんとおでこが足にくっ付いたり、指の先が床にちゃんと届いたり出来るんでしょうね。特に最近のような寒さだと余計に体かカチンコチンでダメですけど…。

白っていう演舞にふさわしいかなって思って、一枚だけモノクロ写真に加工してみました。

以前は自分で現像から焼付けまでやってた凝り性なのに、最近は機械におまかせです。けど、白と黒だけの世界って、今のカラー全盛の時代には逆に新鮮ですよ。

単純に白黒2色っていうんじゃなくて、その濃淡で口では言い表すことが出来ないくらいの変化に富んだ色。

みなさんはこれをご覧になって、どう感じられます?

公式ガイドブックより引用  真っ白な心で全ての恵みに感謝を表現

地元福岡で様々なイベント活動をしています。春日よさこいカーニバルでは2年連続大賞を頂きました。今年は原点に還り真っ白な心で踊る楽しさや素晴らしさを体で表現します。私達の先祖、古代大和の神風、大自然の鼓動や恵みに感謝を込めて!桜魂ご覧ください。 福岡県筑紫郡 演舞曲 白(はく)Img_0471

桜 in ふくこいアジア祭り2007の写真を見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

筑前かすや一番隊 in ふくこいアジア祭り2007

昨日はスカパーでアイス・エイジに見入ってました。地球温暖化に目を向け、動物の世界や人間にまで『再考』を問うテーマがあるのかなって、難しいことも間に織り込みながら、次のアイス・エイジ2まで…。マンモス実際にもどこかでひっそり生き続けて居て欲しいなー。

でも、外国の映画はなかなか一作ではお別れさせてくれませんね。

5月にはナルニア国物語の2部も。よく原作がそんなに長く書けるなって感心します。この短いコメントだって難しいのに…。

その点、筑前かすや一番隊のホームページはしっかりしてますね。

なぜよさこいに取り組んだか、何を目指すのか、何が目的か、約束事は…っていうのをはっきり示してあって、これだと最初から最後まできっちりしてて、土台の部分も全然ぶれないなって改めて感心しました。

かといって、一から十まで口うるさくって、息が詰まるなんていうチームじゃないっていうのは、その演舞を見せていただけば、ちゃんと分かりますよね。

演舞曲にもちゃんと『かすや』の文字を刻んで、自分たちのまちを大切にしたいっていう気持ちが素直に伝わります。

だからこその会場の雰囲気だったんだなって、今ごろYOSAKOIかすや祭りでのアットホームな感覚を思い起こしています。開会式もあらゆる年代のものが一緒に、「これから祭りを始めるよー!」って感じでしたよね。

公式ガイドブックより引用 筑前かすや一番隊 今年のテーマは「和」ご覧ください

祭りを通じて「人おこし」「町おこし」の実現を目指す。今年のテーマは「和」 福岡県糟屋郡 演舞曲 みあれ かすや天龍Img_0440

筑前かすや一番隊 in ふくこいアジア祭り2007の写真を見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Ambitious in ふくこいアジア祭り2007動画編3

3分割の最後です。
この後また掲示板に書き込みして…、でもあまり刺激しないようにいなきゃ。
みんな年末は忙しい時間をすごしているはずだから、つかの間の休日をゆっくり楽しんでもらおう。
テレビもいっぱい見る機会があるだろうし、そこで観客にアピールするヒントを得れるかもしれないし、久しぶりの旧友と再会できるかもしれない。
そんな時間で、十分充填したエネルギーを、新しい年に思いっきりぶっつけてくださいね!
躍動感あふれる演舞をまた見れますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Ambitious in ふくこいアジア祭り2007動画編2

…と動画編1をアップしてから、ずいぶん間がありましたが、モモをカットに連れて行って、その後ちょっと買い物して、また2時にお迎えです。これで綺麗なモモはクリスマスも正月もいつ来ても準備OK。

なんと留守の間にふくこいアジア祭りの模様が放送されてたみたいですね。しっかり最前列で写ってたと教えてもらいました。肩しか写ってない分から子供が録画してくれてますんで、後で見てみようかな。
Ambitiousも写ってたのかな?VOGUEはばっちりですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Ambitious in ふくこいアジア祭り2007動画編1

あっという間の一年がもうすぐ終わろうとしてますね。
気ぜわしさは、一個成長するための脱皮の準備のためなのかな?
チームのみんなー!ダメだよ、momospapaでさえ、毎日こつこつやってるんだから、なつみさんにおんぶに抱っこじゃ!!

というわけで、動く笑顔たちを3分割してアップしますね。
この演舞が来年どう変化していくのか楽しみにしてますよ。これはそれまで、『頑張った証拠その第1弾』としてここに載っけてますからねーーー!
第2弾、第3弾…第∞弾まで、エンドレスで頑張ってくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TOSUどんきゃんきゃん隊 in ふくこいアジア祭り2007

可愛い踊り手さんですね。笑顔もいいし、首のひょうたんのお守りもいいいなー。久留米の水天宮でいただいたのかな?

なにより、縫上げっていうのもいいなって、あちこちに感心してしまいます。大きな服を小さな体に合わせて縫ってあげるって素晴らしいことですよね。

こんな風に、日本の文化で大事にしたいものを全て持ってるような気がして、この子がどんなお家に育ってるのかな-って思えてきて、きっとおじいちゃんおばあちゃんも家の中で大事にされて、機会あるごとに一杯いい言葉をもらえてるんだろうなって思います。

だからこそのこのいい笑顔だって、私達に語りかけてくれますよね。

チーム結成8年目で新たに原点に立ち返るっていうチームの姿勢も、この子たちにとっては凄くいい経験になるんだろうなって思います。いいなTOSUどんきゃんきゃん隊!

公式ガイドブックより引用 TOSUどんきゃんきゃん隊 新しい「どんきゃんの風」を吹かせます

チームを結成して8年になりますが、今年は原点に帰り新たな気持ちでよさこい祭りや地域活動・ボランティア活動に取り組み、新しい「どんきゃんの風」を吹かせたいと思っています。本日は宜しくお願いします。 佐賀県鳥栖市 演舞曲 疾風(はやて)Img_7296

TOSUどんきゃんきゃん隊 in ふくこいアジア祭り2007の写真を見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山本組 in ふくこいアジア祭り2007

凄く小さい子たちがこれだけ集まると壮観ですね。

気が利かない厚生労働大臣が、女性を「子供を産むための道具」なんて発言して、一体どんな勉強して国民の代表になるって考えたんだろうって首をかしげたくなりますよね。

この大臣に限らず無責任な発言が続いていますが、何も今に始まったことじゃないんでしょうね。数年に一度頭を下げるより、もっと勉強すべき点が多いって思ってしまいます。

でも、ここじゃ政治の世界は関係ないですね。

エアロビクスって踊りの名称かって思ってたら、体内に酸素を多量に供給し、心臓や肺の活動を刺激することによって健康を増進させる全身運動。米国の医学者ケネス=H=クーパーが開発、命名。日本的にいえば“有酸素運動”ってことみたいです。

生活習慣病を予防するには、短距離走のような激しい運動より、じっくりと30分くらい続ける運動がいいみたいですね。となるとmomospapaの運動は失格だ。無理に走ってしまうんでダメですね。

この子たちもずっと踊りを続けてくれれば、馬鹿な発言するような大人は絶対に育たないと思います。

公式ガイドブックより引用 山本組 一生懸命踊ります

こんにちは、私達は体育館などで、いつもエアロビクスをしている仲間です。今年は、ふくこい祭り2回目の参加です。一生懸命頑張りますので、応援よろしくお願い致します。 福岡県福岡市 演舞曲 Img_0414祝うたァ!

山本組 in ふくこいアジア祭り2007の写真を見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

長崎大学メロディアス in 平戸南風夜風人まつり動画編

どこの大学も、もう冬休みですよね。
待ちに待った冬休み。ふるさとに帰省するする人も多いんでしょうね。
momospapaの友人は、大分から久留米まで遠征して、下宿生活してました。いつもお邪魔して、近くの食堂とかに行ってましたよ。ふるさと食堂っていうのもあったなー。まだやってるのかな?

夏休み、交通費を浮かそうと無謀にも原付バイクでふるさとまで帰ったその友人は、痔になって病院通いしたそうです。それってかえってお金がかかったんじゃ…ってばらしていいのかな。でも若かったなー俺たち。

メロディアスのメンバーも、久しぶりの家族のもとで、いい時間を過ごせるんでしょうね。けど、バイトの人も居るのかな。大変でしょうけど、ちゃんと元気な顔を見せてあげてくださいね。笑顔の家族が、首を長~くして待ってくれるんだから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

西風舞人 in 平戸南風夜風人まつり動画編

平戸での演舞の様子をアップします。
当時は、チーム名も分からず、よさこいがどんなものかもまったく理解しないままの会場訪問でした。

けど、次の日は、中学以来のグラバー園も見れたし、カステラも土産に買えました。何百キロも車で移動して、同じ道を帰るのも芸がないんで、帰りは趣向を変えてフェリーに乗ったり、船上からイルカも見れたり、子供と男3人、行き当たりばったりの家族旅行で、いい感じの時間を過ごさせていただきましたよー。

よさこいチームのバス移動を見てると、それこそが家族旅行みたいで楽しそうだなって思います。それも笑顔の元ですよね。

来年もあちこちに出掛けるぞー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

OGORIよさこい連 in ふくこいアジア祭り2007動画編

学校も冬休み。クリスマスに正月に。ケーキにおせちに、プレゼントにお年玉。和と洋が混在した日本は、やっぱり自由の国ですよね。

久しぶりにみんなで外食。お腹いっぱいごちそう食べて、小さいころの話やじいちゃんばあちゃんの話、学校の話、これからの話…いっぱい会話して、身近な笑顔で楽しめましたよ。
それに、momospapaファミリーにも、うれしい出来事がありました。また頑張りの元が出来てうれしいなー!

OGORIのみんなも、ほかのチームのみんなも、短い冬休みや連休を十分に楽しんでください。
仕事や学校で、とることができなかった家族の時間も大切にしてくださいね。雨はそのための潤滑剤かもしれませんよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とようら舞龍人 in ふくこいアジア祭り2007

この写真を見ると、ふくこいの福の字と、その下をクルクルクルッとなってる青い曲線。波をチャプチャプ乗り越えて福がやってくる様子をイメージしてあるんですかね。そう、ちょうど七福神が宝船でやって来るように。

その前で演舞するとようら舞龍人のメンバー。福を呼び込む、福を待ちわびるって感じで、まるで名人が描く一幅(いっぷく;書画など、掛け物一つ~またまた美しい日本語)の絵のように馴染んでますよね。

小さな音だけでは聞こえない。大きな音だけではうるさ過ぎる。

小さな音もあれば大きな音もあり、色んな音たちがうまくまとまり合って耳に優しい曲が出来あがる。静から動へ。そして和音。

どれも人間の世界にとっても必要なことだと思います。

小さな集まりから大きな集まりへ。一人一人の優しい気持ちが集まりあって、きっと福で満ちあふれた世界になる。そう思える演舞。心地よく心に残させていただきました。

公式ガイドブックより引用 とようら舞龍人(ぶりゅうじん) 静と動、個性的な衣装で踊ります

静と動のメリハリのある楽曲、振り付け、そして個性的な衣装で躍らせていただきます。 山口県下関市 演舞曲 和音(わおん)Img_7281

とようら舞龍人 in ふくこいアジア祭り2007の写真を見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

葉隠舞神 in ふくこいアジア祭り2007

朝から元気な声だ。月曜日の暗さに比べれば天と地、表と裏、陰と陽って感じで分かり易過ぎ…。まあ自分も休みは好きだけど…。

けど、雨になるみたいですね。ちょうどいい機会だから、忙しかった家族とゆっくり過ごさなきゃ。

サンタも大変でしょうけど、笑顔のために頑張ってくださいね。でも、それを待ちわびてるのは、決められた日だけじゃないっていうのを、ちゃんと分かってあげて欲しいな。

9月第2日曜日に、佐賀のあちこちで行われる「面浮立」。

五穀豊穣に感謝したり、雨乞いや悪霊退散を願うという意味で舞われる踊り。その起源は、鍋島軍が鬼の面をつけ鐘や太鼓、笛を鳴らしながら敵を奇襲し勝利をおさめたという故事に基づくといわれています。

面の見分け方は、口をつぐんだ方がオス、口の開きが大きいのがメスって説明も見ましたけど、演じ手は男も女もいらっしゃるんでしょうかね。

そういった郷土の芸能を、出来るだけ多くの人に知ってもらいたいと始めた演舞。いいなーって思います。地元での踊りは、ここでの踊りとはまた違ったものかもしれませんが、勇壮な雰囲気は十分に伝わりますよね。

第10回YOSAKOIさせぼ祭り公式ガイドブックに登場の、『ゆき美ちゃん&美千代ママ』も、地元の祭りのPRに大活躍ですね。

公式ガイドブックより引用 葉隠舞神(はがくれぶじん) 佐賀の伝統芸能「面浮立」を披露します

多くの方々に支えられ葉隠舞神は今年結成5周年を迎える事が出来ました。これからも佐賀の伝統芸能である面浮立を1人でも多くの方にご覧頂きたく踊り続けます。少人数のチームですがよろしくお願い致します。 佐賀県佐賀市 演舞曲 神倭-響の舞-(しんわ ひびきのまい)Img_7238

葉隠舞神 in ふくこいアジア祭り2007の写真を見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

金眼鬼 in ふくこいアジア祭り2007動画編

うらじゃにお邪魔したいなーって思ってます。
あちこちに出かけて色んなもの見せていただいて、いろんなことを感じたい。そう思ってます。
訪れたい場所が頭の中に漠然とあるんですけど、今年とは少し違った笑顔にも出会えそうだっていう期待感でいっぱいです。
その前にみんなにお礼しなきゃ。
もっともっと工夫できるように勉強しますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新煽組 in ふくこいアジア祭り2007動画編

動きの中で見てもやっぱり衣装のオレンジがきれいですね。
今は全員そろって休息中かな?どのチームもクリスマスやお正月の準備に忙しいですね。
うちもモモのカットに行かなきゃ。今の状態はかわいそ過ぎ…。
綺麗になったら自慢の娘をお見せしますね。もうおばあちゃんかな。
そういえば、時期的に少しキャラメルコーンにはお休みいただいてます。
正月も休ませなきゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Always in ふくこいアジア祭り2007

エアロビクスチームのメンバーでの参加ということですが、オリジナル曲がなくても毎年このふくこいアジア祭りの新しい総踊曲を演舞し、参加できるいい方法かもしれませんね。

振り付けも独自に工夫を凝らしたり、踊りを健康につなげたりって、練習の合間に語り合ったりと、自由な発想こそがよさこいのいいところかもしれません。

『向こう3軒両隣』っていうのがありますが、今はほとんど使われない言葉ですかね。昭和の時代には良く見かけられた夕方の風景。自分んちでこさえた夕飯のおかずを、ご近所さんに持っていったり、逆にもらったり。しょう油を切らしたからって、貸してあげたり借られたり。

そんな時代を描いた映画がありますよね。そう『ALWAYS 三丁目の夕日』

やっぱり大好きな映画です。前に記事にしたのに、まだ劇場に足を運べていない情けないファンです。

一作目を見た人たちからは、「久しぶりに父親と話をした」「数世代の家族と一緒に見に行った」など、家族の絆が深まったという声があちこちから寄せられたということです。

茶川竜之介が芥川賞に挑戦しつづけるのもいいし、父親の借金のために踊り子に身を落とすヒロミ。そんな自分は茶川にふさわしくないと身を引こうとする姿もいい。父親とではなく、自分を心から愛してくれる茶川と一緒に暮らす淳之介もいい。六子も、鈴木オートの社長もいい…。

映画のワンシーンを連想させるようなAlwaysの仲のいい踊りには、そんな人と人との触れ合いの素晴らしさも描かれているようで、終わることのない笑顔に、いつの間にか見とれてしまいました。

公式ガイドブックより引用 Always(オールウェーズ) 「ENDLESS SMILE」楽しんで踊ります

こんにちは、エアロビクスサークルのオールウェーズです。今年の新曲の「ENDLESS SMILE」を楽しみにしていました。思いっきり楽しみたいと想っています。応援してくださいネ! 福岡県福岡市 演舞曲 ENDLESS SMILEImg_7231

Always in ふくこいアジア祭り2007の写真を見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

恋龍水俣inふくこいアジア祭り2007

韓国での10年ぶりの与野党政権交代。景気回復のために、政治に期待してる国民がその意思を表したって理解されてるみたいですね。日本の政治家ももっと気合を入れなおして欲しいな。

選挙で選ばれても、そのときだけで、「なぜ国会議員が必要なの」っていう基本から見直す時期かもしれないなって思いますけど、皆さんはどう思われますか。

出来立てホヤホヤってチームなんですね。

それでもってあちこちの祭りに積極的に参加。熱い熱い創生の年だったんだろうなーっていうのが伝わります。

KUMAKOI六調子っていうのは、地元熊本市の球磨地方に伝わる民謡が元になっているみたいですね。連綿(れんめん;長く続いて絶えないさま…美しい日本語ですよね)と続く文化も素晴らしいですが、それに少し変化を加え、また新しい文化を創り、後世に伝えていく。

そういった考え方や行動が、我々に進化をもたらしてくれえるんだろうなって思えます。

そんな勢いが感じられそうな「くまこい祭り」に、よさこいのメンバーも数多く参加されてるみたいですね。一つの枠にとらわれない自由な発想で、もう一度原点に戻れる場所なんでしょね。

恋龍水俣のメンバーが、あらゆる場所で、あらゆるものを吸収し、更に進化して、天に舞う龍のごとく変わっていく姿をずっと 見つづけたい。そう思わせる演舞ですよね。

公式ガイドブックより引用 恋龍水俣(れんりゅうみなまた) 感動を吸収しにやって来ました

5月に結成したばかりの新人チームです。色々皆さんの踊りを吸収しにやって来ました。よろしくお願いします。 熊本県水俣市 演舞曲 KUMAKOI六調子Img_7170

恋龍水俣 in ふくこいアジア祭り2007の写真を見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

緋縅連 星舞 in ふくこいアジア祭り2007動画編

ちょっと場違いですけど、煽りの『代表』にご質問です。
チーム名の読みは、『ひよどしれん』って掲載されてますけど、縅(おどし)って読むのを考えると『ひおどし…』かなって迷っております。教えていただけませんか?
それと、大宰府の大学って…九州情報大学の校舎のガラスにも『よさこい』って文字があるのを偶然見かけましたし、数年前のふくこいにも同大学のチームが参加されてるみたいですけど、今も活動されてるんですかね。
お差し支えなければまた『コメント』ででも教えてくださいね。理由は、今度お会いでき時にでもお話しますね!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

流 in ふくこいアジア祭り2007動画編その2

流の分はむなかたおどってん祭の分もありますから、また後日アップさせてください。このふくこいの映像より2ヶ月分ほど時計の針が逆に進みますけど、どんな変化があるかお互い見てみたい気がしますね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

流 in ふくこいアジア祭り2007動画編その1

いつもコメントありがとうございます。お待たせいたしております動画をアップさせていただきますね。
流その2の次に、代表煽りの『緋縅連 星舞』の分もすぐにアップします。お楽しみに。
写真も動画もって欲張りで、人物が多少センターをずれてもご勘弁を。雰囲気だけでもお楽しみいただけるといいんですけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あっぱれ青組 in 平戸南風夜風人編まつり動画編その2

演舞を一気にアップできるといいんですが、容量の関係で、いくつかに区切るしか仕方ありません。
見ていただくのにご面倒をおかけしますが、ご理解くださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あっぱれ青組 in 平戸南風夜風人まつり動画編その1

いつも元気いっぱいのあっぱれ青組。台風もその勢いをとめることはできませんよね。
どこかいつもと感じが違うなって思っていたら、今の衣装と違って、シュートですよね。
どっちもかっこいいなー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

周防紅華連inふくこいアジア祭り2007

演舞も煽りもっていうのは大変だろうなって思います。でも、一緒に輪の中に居るからこそ、他のメンバーの熱気も伝わって、逆にうまく間が取れるのかもしれません。

それにも増して、チーム結成以来5曲目の新曲というのも凄いですね。曲にまつわるお話をお伺いする機会には恵まれませんが、観客の手拍子で静から動へと変化。自分たちだけの喜び以上に、見ていただくみんなの元気も一緒にっていう姿勢がいいなって思います。

衣装の頭巾も、これを被ることでも変化を表す重要なアイテムとなってる気がします。

よさこいは演じ手にとって、“遊び”でもあり“喜び”でもある。自分が楽しめるのが一番。そこで思いっきり発散して、翌日からの日常に臨む。そんな素晴らしい時間だからこそ、疲れたなんて言葉は使わない。心地いい疲れって最高に体が休まりますね。それでいいと思います。

踊るからにはみんなに感動を、いい成績を…って力が入りすぎたら、何のためのよさこいなのか分からなくなってしましそうですもんね。

人によっては、よさこいがゴルフだったり、魚釣りだったり、お酒だったり…そうホッとする場所であって欲しいと思います。自分の時間に変化をもたらしてくれる場所。大事にしたい場所ともいえるかもしれませんね。

静と動、力と流。

メリハリが必要なのは人生も一緒ですね。ずっとトップギアじゃ、いつかくたびれてしまう。ギアダウンを、『怠け』だって思うような方がいらっしゃったら、もうちょっと頭を軽くしてみたらいかがですか。

いい時間、いい趣味と出合えれば、もっと楽に走ることが出来る。そう思いますよ。

公式ガイドブックより引用 周防紅華連(すおうべにばなれん) 動と静、力と流をお楽しみください

新曲『朔影桜嵐』を携えて参加します。動と静。力と流。2つの要素を持つこの楽曲をご覧ください。楽しい仲間と今年もこのお祭りに帰ってきました。心の底から舞ってみせます。楽しみます。 山口県周南市 演舞曲 朔影桜嵐(つきかげざくら)Img_7144

周防紅華連 in ふくこいアジア祭り2007の写真を見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

浮流々 in ふくこいアジア祭り2007

イギリスの研究で、改めて睡眠時間は7~8時間がベストで、それ以上でもそれ以下でも死亡リスクが上昇するっていうことですけど、どうかなー・・・?もう少し寝なきゃ。

チームの一員“あやかさん”のホームページが、しばらくおやすみっていうのが少し気になりますけど、大丈夫ですよね。

雫が集まり川になり、海に流れ込み、またゆらゆらと天に昇り、雨となって降り落ち雫になる。繰り返される情景を描いた演舞ですかね。

判で押したような繰り返しの日々。それを、なんとなくつまらなく感じることがありますよね。でも、そんな生活も一旦失われれば、なかなか元に戻らない。そのとき初めてどんなに有難いことだったかやっと分かる“平凡”。それが決して当たり前じゃないって感じる瞬間です。

雨が降るのが当たり前、川が流れるのも当たり前、海が満たされるのも当たり前。そう安易に考えていたら、いつかは自然たちからも、ヒドイしっぺ返しを受けるかもしれませんね。

浮流々のメンバーが言われるように、人と人が心を触れ合い温め合うことができれば、人にも自然にも優しい世の中が、きっとやって来ますよね。

でも何で一人だけジャージ?もしかして持ってくるの忘れた?

ごめん。触れちゃいけない話題ですね。

公式ガイドブックより引用 浮流々(うるる) 心温まる演舞を披露します

結成2年目のチームです。踊り大好きの皆が集まり、楽しんでいます。一つ一つのお祭りと人々の交流を大切にし、少しずつ多くの方に、心温まる演舞が出来るように頑張っています。 山口県下関市 演舞曲 雫(しずく)Img_0409

浮流々 in ふくこいアジア祭り2007の写真を見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

童謡連手鞠 in ふくこいアジア祭り2007動画編

童謡連手鞠のメンバーはこの冬、どんな童謡を口ずさんでいるんでしょう。
寒かった会場も、今の寒さに比べれば、何てことなかったなんて思ってしまうほど、朝晩の冷え込みが厳しくなって、家に居ることが多くなる季節です。
遠くに居た人もやっと帰ってくるお正月。♪もういくつ寝るとお正月…♪って歌いながら待ちわびたお正月。なぜだかその前にクリスマスもあったりして、日本は面白いですね。

でも…会いたい人に会える時間。大切にしたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

前向きに変わったあなたへ。

おはよう。

そんなに急に明るくなると、逆に心配するけど、それでも自分で進もうって思ってくれると、自分のことのようにうれしいな。

あの難しい言葉は、悟りを開いた人の言葉で、

その人だったら、人生に迷ってる人にその迷いを払う言葉はいくらでもあげることが出来る。でも、そうしてしまった瞬間から、その人の人生は、その人の人生ではなくなってしまうってことだよね。「自分で決めなさい」って言ってあげるのが優しさなんだろうな。

だから、悟りも何も開いていない自分が、言葉を送ろうなんて思っていない。

自分も、迷っても、転んでも、怪我してもいいから、初めての道を楽しみながら歩いて行こう。そう思ってるよ。

たった一つ持つことが出来た、父親からの~どんなときも人を追い込んじゃいけない~っていう言葉を杖がわりにしてね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

海炎風飛~TARA~ in ふくこいアジア祭り2007

私のお友達ご推薦の祭会社。でも演じ手は違うチームなんですかね。

だけど、本当に若さが弾けてるって感じの踊りに、見てるこっちも楽しくなります。高校生が中心っていうチーム紹介ですけど、その名の由来もちゃんと記してあります。

  • 海:有明海の海
  • 炎:燃え上がる心の炎
  • 風:周りを巻き込む風
  • 飛:飛び踊り舞う

プラス~TARA~っていうのが、リーダーの方のお店の名前っていうのもいいですね。ナビに入力したら一直線に素敵なお店に直行できそうです。

少し休んでる掲示板もまた刺激させていただこうかなって考えてるmomospapa。今までにも、あちこちのチームのページにお邪魔させていただいてますよね。

それに、すぐにおせっかいに仕掛けメールばっかり残して行ってすみません。ご面倒ですけど、どなたか削除していただいていいですかね。そそっかしいんで肝心の削除キーを忘れるんで、よろしくお願いしまーす。

で、海炎風飛の皆さん!若さを前面に押し出し、エネルギーのかけらも出し惜しみしないぞっていうその意気込み。かっこいいですね。

いいんですよ。最後力尽きてお尻をついたって!その笑顔が何より素敵なんですから。

公式ガイドブックより引用 海炎風飛~TARA~(かいえんふうび たら) 若さが弾ける舞を披露します

熊本県は荒尾市から参りました。海炎風飛~TARA~です。結成4年目でメンバーは高校生が多いですが、精一杯の舞を披露しますのでよろしくお願いします。 熊本県玉名郡 演舞曲 祭会社Img_0403

海炎風飛~TARA~ in ふくこいアジア祭り2007の写真を見る

| | コメント (2) | トラックバック (0)

さがさこい連 in ふくこいアジア祭り2007

銃による痛ましい事件・事故。暴力団にまで規制は無理にしろ、一般人が所有する必要はないと思います。

狩猟やスポーツで必要とあれば、その時だけ使えるように、後の期間は警察署などの保管機関が預かる。更に使用時には警官が立ち会うなど、殺傷能力がある危険な道具だからこそ、十分な対策が行われるべきだってそう思います。

貴重な命の犠牲をきっかけに何かが変わらなければ…辛すぎますね。

チームの演舞の記録を調べてたら、高知での『よさこい全国大会』に何度も出場されているんですね。さすが佐賀県人。行動力が伴いますね。

佐賀県人と来れば、佐賀新聞の佐賀人度チェックっていうのはかなり面白いですね。

  • 別れ際のあいさつは「そいぎー」だ
  • 「雨がザーザーザー」などと、擬音を三つ重ねる
  • 飲食店でつい器を裏返して、銘を見てしまう
  • 飛行機に乗らないのに、佐賀空港に行ったりする
  • 「しぇんしぇー、しぇみのしぇからしかー(先生、セミがうるさい)」と、
    サ行がなまってしまう

など、「うんうん」と福岡県人でも納得できるような設問。ついにこやかになってしまいますね。他の各県にも一杯特徴的な言葉や習慣があるんでしょうね。

さらに検索を続けたら、沖縄まで行き着きました。こっちのよさこいとは少し感じの異なった『龍神伝説』を演舞されているチームもあったりして、興味は尽きません。数チームにもここの笑顔を紹介させていただいておりますので、近い将来、どこかの祭りに沖縄からおいでいただくことも夢ではないかも知れませんよ。

そんな風に、あちこちにどんどん広がりを見せるよさこい。佐賀でのPRは、もちろんさがさこい連にお任せしますね。

公式ガイドブックより引用 さがさこい連 「躍動佐賀」を大発信します

「佐賀でよさこいを!」を合言葉に佐賀県内はもちろん福岡からも参加。結成5年を迎え、新たに「躍動佐賀」を大発信! 佐賀県佐賀市 演舞曲 BANZAI悠響踊華(ばんざいゆうきゅうそうか)Img_7077

さがさこい連 in ふくこいアジア祭り2007の写真を見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

結連 in 平戸南風夜風人まつり動画編

2007年9月16日といえば、もう3ヶ月も前になるんですね。
その頃撮ったDVDを整理し始めて、その後の各地での祭りで何度も出会った多くのチームの方が、この会場にも居たんだなって、今ごろ気づいています。
台風の影響で、急遽室内での演舞になり、見てるこちら側は、涼しくて快適だったんですが、演じ手にとっては恨めしい台風だったみたいです。
時々のぞく太陽の姿を見て、「なぜ外じゃダメなの?」って訴える皆さんを見てました。
その時の動画が残せていたのは、逆に貴重かなって思えます。屋根つきの会場が用意できるって素晴らしいですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

クリスマス。

Dsc00014_2 momospapaがキャラメルコーンが大好きだっていつもつぶやいてたら、職場の美女から、今朝いただきました可愛いプレゼント。

赤いバージョンしか見たことないって言ってたのもちゃんと覚えていてくれて、練乳ミルク味バージョン。&クリスマス・パッケージ。袋の底の方に入っているピーナッツは、皮付きじゃないみたいで、バターピーナッツって書いてある。

真っ赤なお鼻はこのシーズンでなくっても可愛いー。…で、どんな味なんだろう?Dsc00015_2

またいい一週間のスタートが切れました。人が大好き。時間が大好き。笑顔が大好き。キャラメルコーンが大好き!というわけで、毎日“良かったさがし”をモットーに記事のほうも頑張りますね。

Dsc00016 でも、このお返しは何がいいかなー?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

下関雅楽艶inふくこいアジア祭り2007

ふぐの美味しい季節ですね。

落語じゃないけど、「世の中に あるとないとは 大違い はけに毛があり はげに毛がなし」っていうのがありますけど『ふく』と『ふぐ』どこがどう違うのかって疑問に思ったことがあります。結論としては、よく分からないっていう、いつものパターンなんですけど…。

魚自体は「ふぐ」には変わりない。濁点を取るのはやっぱり『福』にちなんでのことなんでしょうね。

毎年2月9日は、「ふくの日」で、ふく祈願祭、福祉施設のふくさし慰問などが行われたり、この日に直近の祝日(建国記念日)には「南風泊市場(はえどまりしじょう)」で、ふく刺しやふく関連製品の即売等が行われたり、先着1,500にジャンボふく鍋が無料で振舞われるなど、多くの人で賑わっているようです。ここにも行きたい気になってきますね。

いっつも本題を離れてしまうんですが、チームのホームページのふくこい会場でのみんなでの集合写真~いいですね。こういうスナップ写真が、後々楽しいんですよね。そのときの感動も写しこめる写真って、まだまだ奥が深いな-って思います。

そのにこやかな表情も一転、きりっと引き締まった表情での演舞スタート。この緊張感も醍醐味なんでしょうね。最近そういう機会に恵まれないmomospapa。うらやましいです。

福はちゃんとお持ち帰りになりましたか?

会場の皆さんもちゃんと、雅楽艶から「ふく」をいただかれ、満腹そうな笑みだったことはいうまでもありませんね。名物の鍋みたいに、体の心底まで温まる演舞。どうもありがとうございます。

公式ガイドブックより引用 下関雅楽艶(しものせきうたいろ) たくさんの福を皆で持ち帰りましょう

ふくこいアジア祭りご開催おめでとうございます。下関の雅楽艶です。今日は心を込めて躍らせていただきます。そして、たくさんの福をいただいて帰ります。みなさん、ご声援をよろしくお願いします。 山口県下関市 演舞曲 心泰Img_0399(しんか)

下関雅楽艶 in ふくこいアジア祭り2007の写真を見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

舞麗men in ふくこいアジア祭り2007

穴が小さい大きいの話は別として、昨日の試合は感動しましたね。世界で3位は誇れる成績だし、それ以上にFWのワシントンも日本人以上に日本人らしくて素敵でした。イエロー覚悟のサポーターへの感謝の表現。

この試合でチームを去る彼に対する凄い声援。それでも、ちゃんとイエローカードを掲げる主審。好きな光景でした。

舞麗men頑張ってるーって感じのレポート。

まさにチームの行動が手に取るように伝わるし、よさこいを通して色んなものに興味を持ち、楽しみを持ち、仲間を増やし、笑顔を増やしっていう様子が見て取れます。

市比野温泉よさこい祭のレポートを見てると、鹿児島ってアットホームで、雄大で、酒も食べ物も美味しそうで…ってそっちの方の興味も湧いて来ますね。姪っ子夫婦が居る間にいっぺん訪ねなきゃって気になりました。

前回の鹿児島は車中で酒をいただきすぎて、肝心の夜の宴会には、みんなの「カンパーイ」の声の後、即「ウーロン茶…」って失態をやらかしたmomospapa。必ずやリベンジをっていう思いがあるんで余計に再訪問したい場所なんです。

チームのみんなの仲の良さを見てると、『ブレーメンの音楽隊』ってどんな話しだったっけと、もう一度読み返したくなりますよね。大まかに言えば仲間が次々に集まって、目の前の難問をみんなで解決して、最後は…???。結局ハッピーエンドってことでしたよね。

まだまだ、多くの仲間が増えそうな舞麗men。今後も目が離せませんね。

公式ガイドブックより引用 舞麗men オリジナル作品「和光」を披露します

2005年6月にチームを結成。3年目を迎えた今年、初めてのオリジナル曲をご披露できることとなりました。日本人が元来持つ和の心、平和を願う心、そして和をもってひとつになり光り輝く。『和光』の思い、届けます! 佐賀県小城市 演舞曲 和光(わこう)Img_7023_2

舞麗men in ふくこいアジア祭り2007の写真を見る

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ちっご☆きずな隊inふくこいアジア祭り2007動画編

画質を落とさなきゃいけないのと、一部の演舞しか載せられないのが残念です。
ちっご☆のみんな、もう少し頑張ったらクリスマスだー。いっぱいプレゼントもらえるといいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宴一座・東京70隊in平戸南風夜風人まつり動画編

ずいぶん以前のことのように思える平戸。結構遠かった。予定の会場(屋外)に着いたら、何にもやってなくて「あれー?」って戸惑いました。駐車場の方に聞いたら、親切に「あそこの建物でやってますよ」って指で指して教えていただきました。
今回アップさせていただくのは、平戸南風夜風人まつり~秋の陣~『宴一座・東京70隊』の演舞。九州とは違う匂いのする演舞。少しだけご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

動画の見方

Dsc00013画面の再生マークをクリックすればスタート。当然音も出ますから、もしそれが不都合な場所での再生の祭はボリュームの調整をお願いします。また、再生がぎこちない場合は、パソコン自体の性能によるものです。いつかは買い替えなきゃって思われる方は、今年のボーナスででも奮発してみてください。

Dsc00012_2再度同じビデオを見たい場合、左の画面の左上の再生ボタンをクリックしてください。また、ビデオの情報チェックは、その下の『i』ボタンをクリックしてください。再生完了後3つほど関連ビデオが表示されますが、momospapaとの関連はありません。もし再生される場合はご自分の意思でお願いしますね。けど、結構面白いのが投稿されていますよ。

ここからは、余談です。

予告なしにまた動画のアップを始めました。最初は、よく勉強もしないでいきなりアップしたんで、画面がこのブログにジャストフィットしてませんでした。@niftyのビデオ共有βっていうのを利用してアップしていますが、その中で『プレーヤーのサイズ』って選択画面があります。

昔話『舌切りすずめ』よろしく、『大』を選択。画面全部が見れない状態で、失敗。結局『小』が最適の大きさでした。試行錯誤しながら、これからもっといい感じで動画に取り組みたいです。莫大な量のデータをこのままにしておくのは、もったいないですしね。

主にアップさせていただくのは、このブログにコメントをいただいたチームをと考えています。もしコメントしてたのに、動画がアップされてない場合は…、そうです!サボって撮っていない。またまたごめんなさい。

最後まで読んでくれた方に、耳寄り情報。さっきの『i』マークをクリックすると、これから私がアップしようって思ってる動画が、事前に見れます。まだ記事なしですけど、「逆にその方が良い!」って言われる正直な方は、まめにチェックしてみてくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アートフリーinふくこいアジア祭り2007

飛び立つ白鳥の姿をイメージした衣装という紹介。凄くゴージャスな鳥たちですよね。BBCのミツちゃんクラスまで踊り続ければ、まだ40回近くその飛び立つ姿を見れるんですね。凄い。

もっとも、新しい白鳥たちが年々加われば、その羽ばたきが見れなくなることはないですよね。

まさかホーム・ページなんて開設してないだろうなーなんて思ったのは大間違いでした。もう20年以上の歴史をお持ちのこのチーム。この祭りへの参加は、チームワークの大切さを学ぶためにっていうその取り組みの姿勢にも感服します。

純白から一気に燃え立つ真紅の赤へ。そしてまた白へ。その4分半の演舞はまるで人の一生を表しているかのように、躍動感に満ち溢れています。

出水のツル飛来情報によれば、12月10日の飛来数は、ナベヅル10,360羽、マナヅル955羽、クロヅル6羽、ナベクロヅル5羽、カナダヅル2羽で11,328羽。3月までその姿が見られるとのことです。

ちょうど今、人間の世界では新しい飛び立ちを控え、それぞれが目標を持ち、その飛び立つ方向を見定める時期ですよね。寒い冬に元気を蓄えて、春には一気に大空へ。

毎年繰り返される飛来と飛び立ち。どこか人間の世界に似てるなと思いませんか。

公式ガイドブックより引用 アートフリー 年に一度のお祭り参加

60代を筆頭に平均年齢53歳、どこまで行けるか。ダンスと家事と孫の世話、充実しすぎる毎日ですが、年に一度のお祭りですから精いっぱい踊ります。よろしく! 福岡県福岡市 演舞曲 Img_6993飛翔

アートフリー in ふくこいアジア祭り2007の写真を見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

流 in ふくこいアジア祭り2007

同じ歴史でも、こちらは祭りの歴史に目を向け続けるチーム。

博多に限らず、全国各地には独特の祭りが一杯受け継がれてきていますよね。

でも、なぜか所によっては『女人禁制』って、変なしきたりもあったりして、それでも長く受け継がれて来てるものもあります。そのあたりについて、素人の自分がとやかく言うつもりはもちろんありません。

男たちを手のひらで遊ばせてくれる女性の偉大さは、今更私が語る必要はありませんよね。

このチームの取り組む祭りは、まさに男も女も関係なく、何の隔たりもない。心から楽しむ新しい祭りを見ているような新鮮な感動を与えてくれます。

もしかしたら、『流』がきっかけで、祭りの流れも変わるかも。そう思わせてくれる演舞。この日も会場に一杯の笑顔と元気を運んで来てくれました。

公式ガイドブックより引用  恵比寿様を私達の感性で表現します

博多にわか・博多弁・博多祇園山笠等の博多の文化を新しい形で表現。新たにどんたくを加え、博多松囃子の流を1年毎に私達の感性で表現します。今年は恵比寿様。気がのったら、オイサ!オイサ!を一緒に叫んでくれたらギザウレシスです。 福岡県福岡市 演舞曲 二番山恵比寿筑紫流Img_6989

流 in ふくこいアジア祭り2007の写真を見る

| | コメント (6) | トラックバック (0)

太宰府まほろば衆 帥  in ふくこいアジア祭り2007

先日太宰府に行って来ました。といっても肝心の天満宮まで行き着かないのがmomospapa。

だけど、甘いのが苦手なのにもかかわらず、20個も買ってきました梅が枝餅。胸焼けするのは分かってて、つい1個頬ばったのは良かったんですが、出来たてで熱いこと。危なく口の中をやけどしそうになってしましました。

この餅を売る店は天満宮近辺で40を超えるっていうから凄いですよね。どの店にも、『元祖』とか『本家』っていう文字が並んでます。数代に渡って続いた店だから当然の看板ですね。

学問の神として知られる菅原道真公にまつわるこの餅。故事が事実であれば、もう1100年以上の古い歴史を刻んで来ているんですね。

よさこいも、これからどれだけの年月踊り続けられるのでしょうか?どんな変化を遂げるのでしょうか?

このまほろば衆の演舞への取り組みを見てると、自分たちの歴史を、もう一度振り返ってみたくなりますよね。

公式ガイドブックより引用 太宰府まほろば衆 帥 太宰府の歴史を衣装に施し踊ります

私達まほろば衆は楽曲・踊り・衣装と太宰府らしさをコンセプトとしております。袖に「帥」と言う字がございますが、帥とは太宰府政庁があった頃、政庁を司ったお役人のことを帥といっておりました。あおりの中にも出てまいります。どうぞ、聞いてください。 福岡県太宰府市 演舞曲 八相八陣(はっそうはちじん)Img_6931

太宰府まほろば衆 帥 in ふくこいアジア祭り2007の写真を見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かすがYOSAKOI隊inふくこいアジア祭り2007

あの佐世保で痛ましい事件。よそ事と思えませんね。

会場のスロープ。まさにかすがYOSAKOI隊のために準備されたんじゃないかっていうくらい、素晴らしい演出効果ですよね。

失礼ながら、この祭りまでに数回このチームを見せていただいたんですが、この日が一番大勢だった気がします。気のせいかアングルのせいですかね。もしかしたらほぼ全員の方がお揃いになったのかも知れませんね。

それというのも、この後自分たちの本祭も控えていて、気運も段々と高まって来てるっていうのが十分に伝わり、龍神もこちらまで迫る勢いの演舞に感動しました。

聞くところによれば、このスロープは、去年までなかったってことですよね。もしかしたら、一段高くなったステージすらなかったのかな?

今年数会場を回らせていただいて感じたのは、それぞれの会場に応じた色んな工夫が施されているなっていうことでした。

どこかで、芝生の会場で踊らされたって不満の意見が述べられていましたが、失礼ながら、そんな方はたとえ赤いふかふかのジュウタンが敷き詰められた会場でさえ、何かの不満を訴えられるんでしょうね。そう、どこかのコマーシャルみたいに、転んだのは石ころのせいだって言わんばかりに。

でも、われらがよさこい人は、会場に感謝、人に感謝、物に感謝…そしてあらゆるものに感謝する方々で溢れています。じゃなくちゃ、あんな素晴らしい笑顔で居れるわけがない。

公式ガイドブックより引用 かすがYOSAKOI隊 5年目を迎えパワー全開で踊ります

ふくこいアジア祭りご開催誠におめでとうございます。私たち、かすがYOSAKOI隊も活動を始めて5年目を迎えました。毎年楽しみなアジア祭り。力一杯演舞させていただきます。 福岡県春日市 演舞曲 龍神伝説Img_0358

かすがよさこい隊 in ふくこいアジア祭り2007の写真を見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フラッシュプレーヤー最新版への更新

平戸南風夜風人まつり秋の陣サンプル(動画)の記事をアップ以来、『笑顔をもらいに』を開くと、エラーメッセージが表示されてしまって、開けないという方がいらっしゃったら、下記の方法で最新のFlash Playerを入手していただければ問題解決されると思います。

Adobe Flash Player最新版入手サイトを開き

Adobe Flash Player使用許諾条件に同意します の□にレ点チェックを入れ、

今すぐダウンロード をクリックして最新バージョンのFlash Playerをダウンロードしてください。

詳しくは同ページのインストール方法をご参照ください。

というわけで、平戸南風夜風人まつり秋の陣サンプルは削除します。また、新たに動画をアップする前に、皆様にはその旨お伝えしますのでよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

よさこい連みづま in ふくこいアジア祭り2007

momospapaとよさこいの関わりは実はこのチームの前身~YOSAKOIみづま踊隊~にあるんですよ。

イベントの審査に要する時間を埋めていただこうと、三潴商工会の川藤さんにお願いし、『よさこい』を披露していただきました。当時の写真が今は手元にないため、踊りのメンバーやチームを再度確認することはできませんが、薄謝を差し出したら、「えーよさこいを踊って、逆にお金がいただけるんですか?」って恐縮していただいたのを覚えています。

そうですよね。ほとんどの祭りで大人1千円、子供5百円の必要経費を払っての踊りが当たり前な世界ですもんね。会場設営代、PR代、印刷代、飲み物代…って、様々の経費がかかる。当然の負担ですよね。

心配性な私は、大きな祭りを見て、「あれだけ人が多く集まるなら、うちも取り組むか」っていう無粋な団体が現れてしまうんじゃないかなって思ってしまいます。人気チームを選んで呼び込んで、そうじゃないチームは、色んな理由をつけて断ってしまう。そんな商業目的での開催だけは絶対にして欲しくないなって思います。心から楽しみ合う場所であって欲しいよさこい。

でも、「そんな心配はご無用!」って みんなの自信に満ちた顔が浮かんで来ます。そう語ってくれる多くの笑顔。

約3ヶ月で、どれだけ多くの笑顔に出会ったのでしょう。その笑顔のいくつかを、ここからも見せていただきました。縁深いみづま。これからもその地から多くの笑顔を浮かべさせて欲しいって思いで一杯です。そう、何事にもかえがたい“ほとめきの心”を持って。

遅れましたけどちゃんとしたあいさつも出来なくて…。どうもありがとうございました。

公式ガイドブックより引用 よさこい連みづま おもてなしの心で踊ります

結成7年目。チーム名を「YOSAKOIみづま踊隊」より「よさこい連みづま」に改めました。楽曲「ほとめき」のほとめきは筑後地区の方言で「おもてなし」の事です。みづまのおもてなしの心で「よさこいの輪」を広げていきます。 福岡県久留米市 演舞曲 ほとめき Img_6850

よさこい連みづま in ふくこいアジア祭り2007の写真を見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

肥後荒尾さのよい踊り子隊inふくこいアジア祭り2007

ジュニアチームの熱演に負けじと頑張る、さのよい踊り子隊。

“子”っていうのは凄くいい愛称ですよね。いくつになっても使えるし、都合よく使い分けることもできる。いつまでも、キラキラした輝きを失わない人を表してるようないい字だと思います。決して変な意味じゃなく、素直にそう思います。

この、「表も裏もないからちゃんと見て!」っていう演舞、爽快ですよね。親の背中を見て子は育つって言いますから、背中だけじゃなく、正面も見せるこのチームの姿勢は、自分たちもちゃんと見習わなきゃ…ですね。

この親たちの頑張りを、ジュニアたちが今度は立場を変えて、逆にはらはらしながら応援してたんですかね?

でも、両チームが踊りを終えて、どんな風にお互いをたたえ合ったか、その想像はすっごく簡単ですよね。

公式ガイドブックより引用 肥後荒尾さのよい踊り子隊 新曲「誇踊」で踊ります

ふくこいアジア祭り2007ご開催誠におめでとうございます。毎回楽しみにしているこのお祭りに、今年も参加できてうれしく思っています。今年は3年ぶりの新曲「誇踊」を躍らせていただきます。一生懸命踊りますので、よろしくお願いします。 熊本県荒尾市 演舞曲 誇踊 (こどう)Img_6794

肥後荒尾さのよい踊り子隊 in ふくこいアジア祭り2007の写真を見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

よさこい夢美組inふくこいアジア祭り2007

「この衣装と演舞曲も今年で終わり」っていうあいさつを聞くと、なんとなく寂しさを覚えるのは皆さんも一緒でしょうね。でも新たな旅立ちって考えれば、必要なことなんでしょうけど。

だからといって、もう金輪際封印するっていう話じゃないですよね。小さなイベントに出掛ければ、1チームでいくつもの演舞を必要とされますよね。そのときにまた踊られるであろうこの曲。 自分が今年行った水田天満宮千灯明花火大会でも、おそらく見れるんでしょうね。

この冬場の時期、新しい曲に取り組んでいるチームも一杯だと思います。試行錯誤して、みんなの意見を取り入れて、数年をかけて熟成される曲。一人ひとりの頑張りをちゃんと知っている曲。その陰でひっそりと出番を終え、また踊られるときを待つ曲。

1年が終わり、また次の新しい年を迎えようとする今の時期にぴったりな出来事のような気がします。

公式ガイドブックより引用 よさこい夢美組 可憐で躍動的な演舞を披露

昨年は、夢の海外遠征「韓国」へ参加!今年も、連獅子をイメージした演舞をもっと躍進し、可憐で躍動的な踊りを見てください。 福岡県柳川市 演舞曲 蓮~REN~Img_0338

よさこい夢美組 in ふくこいアジア祭り2007の写真を見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちっご舞瀾℃de笑隊夢 in ふくこいアジア祭り2007

またチームの掲示板にお邪魔させえてもらい、ネタさがし。

その中で平成14年4月のチームデビューの記事を拝見させていただきました。

~ 玉垂宮恩田祭ではドリームキッズの曲「山笠」をお借りしての華々しいデビュー。煽りはふくこい連の石川さん。バックではふくこい連のみなさんが一緒に踊ってくれました。当時の衣裳は350円の黒Tシャツでした~

いいですよね、こんな記事がちゃんと残ってて。今の衣装の鮮やかさの陰に、そんないい話があったって思うと、余計に河童たちの踊りが気になりますね。

鳴子を上手に手にして踊るのも大変そうなのに、このチームの踊りには一杯の道具を仕込んであって、その様子を見てると、大変だな-っていつも思えます。でもその大変さを逆に楽しんでるような演舞。心にちゃんと響いてくるし、ドキドキを通り越して、ワクワクして来ますね。

公式ガイドブックより引用 ちっご舞瀾℃de笑隊夢 胸がドキドキするような舞を披露

心響と書いてCHIMDON。胸がドキドキするように、心が高鳴るように楽しく元気に踊ります。 福岡県久留米市 演舞曲 心響-CHIM☆DON(ちむどん)Img_6740

ちっご舞瀾℃de笑隊夢 in ふくこいアジア祭り2007の写真を見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さのよい輝き隊inふくこいアジア祭り2007

ご存知、肥後荒尾さのよい踊り子隊のジュニアチーム。今年が初ふくこいアジア祭りなんですね。またその様子を心配そうに眺めている親チームのメンバーが、ちゃんとこっち側に居るんでしょうね。

通常であれば、2チームを合わせて1つのチーム。親子や大人と子供で、一緒に同じ曲を演舞するっていうのが常なんでしょうけど、そうじゃなく、子供は子供として訴えたいことがあり、大人も同じ。だったら別々にっていうのが発想の原点なのでしょうね。

2002年に結成されたこのチーム。5年間の間に一杯の笑顔と思い出が詰まった輝きサンバ。コミカルなその動き、元気一杯の笑顔。閉山の歴史なんて全く知らないだろうこの子たちの演舞を見ていると、もう先を見なきゃって気持ちになりますよね。

この子たちが大きくなったころ、荒尾のまちは、凄く元気なまちになってるんだろうって、そう思わせる輝きを見せていただきました。

公式ガイドブックより引用 さのよい輝き隊 元気一杯、輝く笑顔で踊ります

熊本県荒尾市から参加の「よさこい踊り隊」です。人数が少ないですが、元気一杯、輝く笑顔で踊ります。みなさん、応援よろしくお願いします。 熊本県荒尾市 演舞曲 輝きサンバImg_6686

さのよい輝き隊 in ふくこいアジア祭り2007の写真を見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

筑豊ろめんてぃっく学園 in ふくこいアジア祭り2007

確かに一味どころか、二味、いや三味も四味違うチームだなっていうのは十分伝わります。自由な選曲、振り付け、ファッション…。でもちゃんとオレンジはお揃いだし、何よりその心が一つにまとまってるんだっていうのが良く伝わります。

この学園の三期生になる今回のメンバーは9月に結成され、このふくこいアジア祭り出場を最大の目標にしてるみたいですね。

更新されないブログも、別に自由でいい。型にはまる必要なんて一切ない時期の君たちは、自由をその身体でいっぱい楽しんで!

自由が決して無責任と同一でないとちゃんと分かっている君たちこそが、次の時代を築いていくのだから。

僕らだってまだまだ負けないよ。君たちの本当の笑顔のために、大きなハードルにならなきゃね。嫌われてもいい。君らの笑顔のために出来ることはなんでもやるからね。

公式ガイドブックより引用 筑豊ろめんてぃっく学園 今年も一味違います

なにニヤニヤしてるのよ。べ、別にあんた達に会いに来たわけじゃないんだからね!(訳:今年もやってきた!アタシはぴゅあぴゅあまっくすは~~と!筑ろめは今年「も」一味違う!!)…見てってよ。。。 福岡県飯塚市 演舞曲 ろめんてぃっくぴゅあまっくすはーとImg_6677

筑豊ろめんてぃっく学園 in ふくこいアジア祭り2007の写真を見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

荒人 in ふくこいアジア祭り2007

アラジンって、あのアラビアンナイトに登場するやつ…?って疑問を持ってたら、チームの掲示板を見て納得。荒尾の人=荒人なんですね。こんな風に、多くのチームからその名の由来をお聞きするのって面白いでしょうね。短い単語の中に色んな思いが込められたりして。

荒人のページにはもっともっといい言葉たちが一杯詰め込まれていますよ。美談でもない、作り話でもない…そんな出来事を素敵な言葉で書きしるしたページ。いいですよね言葉って。いいですよね仲間って。いいですよね人間って。いいですよねよさこいって。

ジャンボ梨サイコー・競馬サイコー・荒尾サイコーっていうチームの決め言葉の後に、荒人サイコーって言葉をmomospapaから付け加えさせていただきますね。

公式ガイドブックより引用 荒人(あらじん) 最高の演舞と笑顔を贈ります

熊本県の荒尾市より参りました荒人です。地元が大好きで、地域活動に生き甲斐と喜びを感じまくっているチームです。今日は「ふくこいアジア祭り」で、最高の演舞と笑顔を贈ります。 熊本県荒尾市 演舞曲 太陽のじょんからImg_0332

荒人 in ふくこいアジア祭り2007の写真を見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちっご☆きずな隊 in ふくこいアジア祭り2007

やっとこさちっご☆きずな隊までたどり着いたー。でも残りのチームもまだ沢山居てくれますし、かすがの分も残ってますね。

「いつでもみんなのこと見てますよー」ってことで、一枚だけ演舞じゃない写真を撮らせてもらいました。この写真、ステージの脇で他チームの演舞を見学している時のものなんですけど、自分たちの演舞からもう6時間以上も経過しています。Img_8031

あの寒い会場で、ちゃんと正座して応援する子たち。その奥では音楽に合わせて自然に踊り出す子も居たりして、やっぱり踊りが大好きなんだなーっていうのが伝わって来ます。

かすがでも、演舞が終わって、もうほとんどのチームが帰ってしまっても、ちゃんとその日の反省をしてる姿も見せていただいたし、しっかりした指導者のもと、いい勉強、生きた勉強をしてるんだなーっていつも感心しています。

だから、『ちっご☆びいき』だってみんなに思われても、そのことがかえって光栄なんですよ。でも出会ったよさこいチーム全ての皆さんの良さを、決して見逃したりしないmomospapaですから…。

ちっご☆きずな隊のみんな、初めてのふくこいアジア祭り参加&演舞おめでとう。

公式ガイドブックより引用 ちっご☆きずな隊 皆様との絆を深めるために来ました

ちっご☆きずな隊は4年前に筑後地区の子供達で結成され地域のお祭りやイベント等に参加して沢山の方と絆を深めて活動しています。念願だったこのふくこいアジア祭りに初参加で緊張していますが、精一杯元気に踊りますので、よろしくお願いします。 福岡県筑後市 演舞曲 ちっごきずなの舞Img_0328

ちっご☆きずな隊 in ふくこいアジア祭り2007の写真を見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久留米よかたい in ふくこいアジア祭り2007

故郷はあるのに、アパート住まいのmomospapa。駐車場は屋根がなく、最近の冷え込みで、車のフロントガラスはカチンコチンに凍り付いてます。

でも、便利なエンジン・スターターを付けてるから、部屋からピッとスイッチ・オンで、出かけるときには快適快適でした。でもこのところのガソリンの値上がりと地球環境のことを考えて、今年は使うのを控えています。

ある日、「ワーしまった。今日は凍ってるぞ!」って階段を下りて行ったら、先に出かけた優しい家族が、ちゃんとぬるま湯で凍ったものを溶かしてくれていました。毎朝5時から起き出して家事をして大変なのに、自分のことにまで気を使ってくれるその優しさに、朝から感謝です。

いつかはちゃんと、お礼を言わなきゃ。家族だからそんな他人行儀な言葉はいらないなんて思ってたら、それは大間違いですよね。一番身近だからこそ、心を込めて使いたい短いけど素敵な言葉~ありがとう~。これからも大切にしたい。そう思います。

よさこいチームの事務局は『商工会』っていうチームが結構多いような気がします。やっぱり地元の産業を活性しようって願う人たちが集まって話すうちに、ならば「みんなでよさこいでもやろう」ってまとまってしまうんでしょうね。

地元に誇るべき産物がある、語り継ぎたい偉人がいる、受け継ぎたい文化があるなどの様々な理由が元になって、大勢が集まって何かに取り組める雰囲気。それって、今みたいな時代だからこそ余計に大事なことだなって思います。

『久留米がすり』に『そろばん』

以前は誰もが使っていたものが、貴重品になったり、希少品になってしまいましたが、それでも次の時代にちゃんと受け継ぎたい。そういう思いが演舞の中から伝わって来ます。

同時に、いっつもにこやかな久留米よかたいの面々を見てると、なぜこのチームの笑顔って、ごく自然でさわやかなんだろうって疑問が湧いてきます。まあ、笑顔に疑問を持つっていうのは極めて無粋なことですけどね。

どんなにもっともらしく言葉をつないでも、『ただただ楽しいから』、それだけなんでしょうね。自分たちがしっかりPRしなくちゃって変に力が入ってしまうと、やっぱり見る側も疲れる。作った笑顔だとどうしても楽しさが伝わらない。

くるめ、そろばん、はた織むすめ…って単語が自然に刷り込まれる。

ホント、くるめっ子って最高ですよね。

公式ガイドブックより引用 久留米よかたい とびっきりの笑顔と元気をお見せします

くるめと言えば、久留米がすりにそろばん踊り。今年もふくこいの舞台で踊れる喜びを感じて…よかたいのとびっきりの笑顔と元気をお見せします 福岡県久留米市 演舞曲 くるめっ娘 祭恋う(さいこう)Img_6581

久留米よかたい in ふくこいアジア祭り2007の写真を見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コメントをくれたあなたへ。

もう寝なきゃいけないんだけど、momospapaの書き込みにコメントをくれたあなたに返事を書かなきゃ眠れないよ。

自分の笑顔をなくすために始めた よさこい じゃないんだよね。

見る人に涙を流して欲しくて始めた よさこい じゃないんだよね。

あなたがそこまでして守りたいと思った笑顔や仲間のもとから、立ち去ることをだれも望んでいないよ。

言葉で始まった出来事は、言葉でちゃんと治めてあげないと、言葉だって可哀想だよ。相手もあなたもちゃんと言葉をつなげれば分かり合える。いや、もうすでに分かり合ってるはずだよ。

難しい言葉。傷つく言葉。傷つけられる言葉。優しい言葉。嬉しい言葉…

色んな変化をもつそんな言葉を、やっとしゃべり始めたばかりなのに、もう黙ってしまうことなんて許さない ~ そう語りかけるここの中のあなたの笑顔に気付いて欲しいな。

取り返さなきゃいけないことなんて何一つない。反対に、得たものばっかりの今回のこと。きっとあなたや仲間の大きな笑顔につながる素敵な出来事だよ。逆に喜ばなきゃ。

またちゃんと連絡するよ。

おやすみなさい。そして、心のこもった言葉を送ってくれてありがとう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

むかし乙女隊 in ふくこいアジア祭り2007

このあたりになると、さっきまで聞こえていた周りからのシャッター音が、パッタリと聞こえなくなってしまいます。

そんなんじゃダメだって、momospapaはちゃんと皆さんの勇姿を撮らせていただいてますよ。でも、その割りには14枚じゃん…なんて突っ込みが来そうなんですけど…。出来れば全員の笑顔を撮りたいなって、いつも思うんですけど、列を作った演舞って、後の方は前の方の陰になってしまって、なかなか撮りづらいんですよー。

むかしは…なんて謙遜しなくても、今も乙女だっていうのはちゃんと伝わりますよ。どっちかといえば、若い者よりはるかに元気だし、まだまだステッキなんて必要ない。でも転ばぬ先の杖っていうのも大事ですかね。

杖といえば、目の前の上り坂を登り切るための道具。転びそうになる体を支えてくれありがたいものって言えますよね。それなのに、登りきったら逆に邪魔になる杖。その場に置きっ放しにされたり、邪険に扱われてしまいます。

人間って勝手ですよね。

また生意気なことを言わせていただくなら、お年よりは若い者の大切な杖だって言えるんじゃないかなって思います。

決して目立つ必要もない杖。でもしっかりと役割を果たす杖。

今は元気だから、そんなものは必要ないって思ってる自分たちは、そんな杖たちの大切な言葉を、もっと聞くべきだって、そう思いませんか?

公式ガイドブックより引用 むかし乙女隊 むかしの美貌を垣間見てください

ふくこいに参加して2回目です。踊りはあまりうまくはありませんが、年の功で、度胸と根性は人一倍あります。それと、それなりのむかしの美貌、今日は日頃の練習を発揮して力いっぱい頑張ります。 福岡県大野城市 演舞曲 よっちゃれ!Img_6561

むかし乙女隊 in ふくこいアジア祭り2007の写真を見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

甘木よさこい連 in ふくこいアジア祭り2007

ケツの穴の小さいファンだなーって思って、同じ国の人間として不快感を覚えたブーイング。そこまでして勝ちたいなんて思わない。星野JAPANの爽快感に比べ、昨日は残念な夜でした。

まあよさこいチームじゃなくて良かった。よさこい人は、他チームの頑張りにそんなことは絶対にしない。だから好きです。

5レンジャー…そうチームで呼び合ってるメンバーでの参加だったんですかね。

通常の競技であれば、「人数不足で審査基準をクリヤーしてないから、お帰りください」っていうのもありでしょうけど、懐が広いよさこい、そんなことは決してありませんね。

「どんなに少人数でも結構ですよ。いつでもお待ちしてますから」っていうスタイルは、まるですっごく家庭的な民宿を連想させますよね。

『田舎に泊まろう』っていう番組が大好きなmomospapaは、いつも放送を見ながら別れの場面にウルッと来てしまうんですけど、それ以上に涙を誘うのは『一宿一飯の恩義』の1コマです。

農作業を手伝ったり、得意料理を準備したり、裁縫を披露したり…って様々な形で、泊めていただいたお礼をするんですけど、ほんの小さなお礼でしかないのに、逆にその方がより大きな心が感じられて感動します。

5レンジャーは、みんなの前で踊らせてもらった感謝の気持ちを、その満面の笑みでお返ししてくれましたね。ほのぼのとその様子を見せていただきました。

新参者のブロガーをこころよく受け入れてくれた『よさこい』にも、恩義をお返ししなくてはって思ってはいるのですが、こんなちっぽけな記事しか用意出来なくて心苦しいばかりです。

いつも、みなさんの笑顔に甘えてしまってます。ありがとう。

公式ガイドブックより引用 甘木よさこい連 よさこい大好き、踊れる喜びを表現します

甘木よさこい連は結成6年目。よさこい大好きメンバーの集まりです。ふくこいアジア祭りは今年で6回目の出場です。今回は福岡市で踊れる喜びをかみしめながら演舞したいと思いますので、よろしくお願いします。 福岡県朝倉市 演舞曲 甘木小唄Img_6560

甘木よさこい連 in ふくこいアジア祭り2007の写真を見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

OGORIよさこい連 in ふくこいアジア祭り2007

天の川は今みたいな寒い時期にもちゃんと流れてるんでしょうね。

一年に一度逢える約束をした二人。冬場は我慢の時期なんでしょうかね?でも、アメリカにもMilkywayってちゃんと天の川もあるから、もしかしたら地球の裏側でこっそり天帝の目を盗んで逢ってるのかも知れませんね。

そんなロマンチックな七夕伝説を大事に街づくりに生かす小郡。7月8月にはほぼ毎週祭りが目白押し。祇園神社夏祭り、獅子舞、夢HANABI、市民まつり、七夕祭り…。

このOGORIよさこい連もこの祭りのいくつかに関わっておられるのかも知れませんね。だからこそのコメントなんでしょう。

大好きなことに一生懸命。大好きな人に一生懸命。この子たちも一杯の恋をして、一杯のものを学んで、一杯の笑顔をその顔に浮かべて欲しいと思います。途中怠けたりしなければ、一年に一度しか逢えない悲しい恋になんて出会わずにすみますよ。もし出会っても、笑顔の方に向かって進んで行けばいい。出口はそこに必ずあるはずだから。

公式ガイドブックより引用 OGORIよさこい連 祭り大好き、よさこい大好き

祭りが好き、よさこいが好きで集まった仲間です。今年で3回目に参加になります。楽しく踊ります。 福岡県小郡市 演舞曲 天の川Img_6534

OGORIよさこい連 in ふくこいアジア祭り2007の写真を見る

| | コメント (2) | トラックバック (0)

風舞輝 in ふくこいアジア祭り2007

また一週間のスタートですね。

誰が決めたのか週の始まりは日曜日からっていいますけど、どう考えても日曜日は一週間のゴールみたいな気がします。そこを目標にどうにか時間ギリギリに滑り込んでるっていう自分の姿を思い浮かべると、月曜日がスタートラインで、「よーい、ドン!」って ピストルが鳴らされそうですよね。

でもって、その月曜日です。

自己新記録を目指して、今週も目を見開いてラインを踏み越しましょう。でも途中で息切れしないようにペース配分も十分考えつつ…。

『風舞輝』って検索すると、なぜか『うらじゃ』に行き着いてしまうんですけど、多分同じチーム名で実は他人ですよね。もともと甘木あたりのチームから分派したって、どこかで見たような見ないような?確かなところは、いっつも分からないよさこい素人のmomospapaで、「どうもすみません」

でも確かなことは、紛れもなく元気なチームが目の前で演舞してるってことですよね。Img_0300 堂々と男女で手をつなぎ、ラインダンスいいじゃないですか。足は目の高さまで、衣装は高価なものを、振りは音楽にぴっちりと合わせて…そんなの関係ねぇー!風舞輝の演舞を見てると、踊りの原点を見せていただいてるような気になりますよね。

古くは神事に用いられたであろう『踊り』。でも、決まりごとが多くてがんじがらめの踊りより、創世記までさかのぼれば、もっと自由な動きの踊りがあったはずだって思えて来ます。

心から楽しむその姿に、皆がまた楽しむ。そんな踊りが一番好きな、生意気ブロガーです。お堅い連中に煙たがられるのだって全然に気にならない。

思わず身をかがめてしまう『吹雪き』ならぬ、爽やかな『風舞輝』。みんなの心に心地いい風を運んでくれました。ありがとう、みんな。

公式ガイドブックより引用 風舞輝(ふぶき) 朝倉の風を届けます

福岡県朝倉市を中心に活動しています、風舞輝です。精一杯踊りますのでよろしくお願いします。 福岡県朝倉市 演舞曲 ムスヒMIXImg_6521

風舞輝 in ふくこいアジア祭り2007の写真を見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Y・Y蘭舞大野城inふくこいアジア祭り2007

家族的ってコメントですけど、実際に親子とか、親戚とか、ご近所さんとか、たまたまこのチームで一緒になったりってメンバーの集まりなのでしょうか。

その辺りは、なかなか知ることは出来ないんですけど、踊られている姿を見れば、もうちゃんと一つの家族なんだなっていうのが感じられますよね。

家族って?また辞書を引く必要なんてないですよね。大切な場所であったり、守るべきものであったり、守られるものであったり、喜び合い、悲しみ合い、分け合ったり、与えたり、与えられたり…って、そこから生まれる言葉は尽きることはありません。

ワイワイっていう銘銘もいいですよね。それを見ただけでも仲の良さが伝わって来ます。

演舞中、誤って扇を投げてしまっても、ニッコリ笑って拾えちゃう、その動きもまた笑顔を誘います。もっとも、これを拾わないと最後の決めポーズがしまらないですけどね。

審査より演舞を純粋に楽しんでもらえれば、その方が福もおじゃましやすいですよね、きっと。

公式ガイドブックより引用 Y・Y蘭舞 大野城(わいわいらんぶ おおのじょう) ワイワイと楽しく演舞します

家庭的なチームです。多年齢で構成していますので、わきワイワイと楽しく、演舞させていただきます。みなさまの応援をどうぞよろしくお願いいたします。 福岡県大野城市 演舞曲 ARCADIA(アルカディア)Img_6506

Y・Y蘭舞 大野城 in ふくこいアジア祭り2007の写真を見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふくこいアジア踊り隊inふくこいアジア祭り2007

やっとこさ、『ふくこいアジア祭り2007』2日目に突入。

ここからの記事は11月11日ってことで読み進めてくださいね。

踊ってもいないのにブロガーは朝からボーっとして、高速に行く道を遠回りしてしまいました。昨日の帰りに一日停めても1,000円って駐車場を発見してたんで、一目散にそこに向かいました。無事駐車。少し歩くことにはなったけど、朝の散歩にはちょうどいいくらい。

天神中央公園では早くも『かすがYOSAKOI隊』のメンバーが集まり練習中。他にも『VOGUE』も見かけました。早いなー。

Img_6486今日も元気に『ENDLESS SMILE』からスタートです。

でもなつみさんの顔にはいつもの笑顔がないような?その疑問はいずれ晴れるのですが、とにかく、感動の祭りは今日も幕開けです。 民放の取材が入ってて、いきなり集音マイクの位置が気になりましたが、まあこっちが主役でもなしってことで納得しつつ今日も撮影開始です。

もちろん、後日の為にDVDカメラも一緒。その映像を元に、さもちゃんと見てたような記事を書いてるmomospapa。

長~い一日の始まりです。

今、写真を見たら、なつみさんのジャンプ凄ーーい!朝からトップギアですね。Img_0295

ふくこい踊り隊 in ふくこいアジア祭り2007#2の写真を見る 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

総踊り in ふくこいアジア祭り2007

総踊りを撮るっていうのは余り馴染みがないっていうか、自分の中では撮影なんてするのは下世話な行為だなっていうのがあります。Img_6448

撮るものじゃなく参加するものっていうのが一番なわけで、踊れなくてもその場の雰囲気で感動した体が自然に動き出す。それを曲が追っかけるっていうのが総踊りって思ってます。Img_6466

そう、この方々たちみたいに。恥ずかしさを脱ぎ捨てて、素の自分をいっぱいに表現できたら、また違ったものが見えてきそうですよね、トルコライスさん。我々もカメラなんて言い訳の道具を引っ込めていつか踊っちゃいますか。Img_6463

総踊り in ふくこいアジア祭り2007の写真を見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふくこい踊り隊 & ふくこい連  in ふくこいアジア祭り2007

公式ガイドを拝見してびっくり。エー!『ふくこい踊り隊』ってまだ誕生から4年なんだー!

とてもそうは思えない堂々とした演舞。

ふくこいチームの一番上のお姉ちゃんが『ふくこい連』、次女がこの『ふくこい踊り隊』、末っ子の『ふくこいアジア祭り隊』って関係になるのかな?一番最後のアジア踊り隊はこのふくこいアジア祭り2007のためのPR隊で、混成チ-ムってことだから…?細かなことは分からないんで、勝手に1卵生3姉妹ってことで理解しましょう。

ガイドブックで更に『ふくこいアジア祭り隊』の取り組みの大変さを読ませていただきました。全国を飛び回ったんですね。

この日も祭り自体は午後1時からなのに、その活動はもう朝早くから始まってたんですね。11時から天神周辺での事前告知活動。12時10分からは会場で、今年の総踊り曲の『ENDLESS SMILE』のレクチャー。途中機嫌の悪いおじさんの抗議にも負けず懸命の演舞練習。加えて会場周辺の美化運動。

それらの行動は、午後からおみえになられた観客の皆さんはご存知ありませんよね。

よさこいを通じてまちづくり、人づくりをまさに実践するその行いを、またウルウルなりながら見せていただいたmomospapa。ちゃんと皆さんのいいところを沢~山見てますからね。

公式ガイドブックより引用 ふくこい踊り隊 「踊らんかっ!」まずは見てください

福博の街を駆け抜ける我らふくこい踊り隊です。誕生から4年間、総踊りを躍らせていただいていましたが、今年は山笠を題材にした初のオリジナル曲「踊らんかっ!」で、この「ふくこいアジア祭り」を祭心で熱くたぎらせます。 福岡県福岡市 演舞曲 踊らんかっ!Img_0282

ふくこい踊り隊 in ふくこいアジア祭り2007の写真を見る

公式ガイドブックより引用 ふくこい連 皆様に福が届きますように

こんにちはふくこい連です!ふくこいアジア祭りとともに成長した私たちも8年目を迎えました。お集まりのみなさまに感謝の気持ちを込めて「ふくこいアジア祭舞姿」をご披露いたします。 福岡県福岡市 演舞曲 ふくこい祭舞姿Img_6445

ふくこい連 in ふくこいアジア祭り2007の写真を見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

須賀連 in ふくこいアジア祭り2007

もう下手なコメントは必要ないくらい、元気いっぱいの須賀連。

どこの会場でも、どのチームよりたくさんの演舞を見せていただきました。1983年からということはちょうど四半世紀。凄い歴史ですよね。

その間に多くの愛を日本のいたるところに届け続けておられるんですね。今年出会った数多くのチームからその光がちゃんと見えましたよ。

公式ガイドブックより引用 須賀連(すがれん) 福岡から世界へ愛の光を発信しよう

ふくこいアジア祭り2007ご開催おめでとうございます。須賀連は1983年発足より、「良い世よ来い」の「良いよさこい」をモットーに「よさこい」を踊らせていただいてまいりました。現在、その踊りは更なる進化をとげ、舞台は「IZANAI」へ。魂から溢れる純粋なIZANAIのエネルギーをどうぞ感じてください。ここ福岡から世界中に愛の光を発信していきましょう。 香川県丸亀市 演舞曲 アマテルImg_0266

須賀連 in ふくこいアジア祭り2007の写真を見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふくこい旗隊 in ふくこいアジア祭り 2007 

演舞に花を添えるのに、いつも後ろ側だったりする、ひっそりイメージの旗隊。

それにも光をっていう貴重な時間。じっくりと楽しませていただきました。でも一本だけ先のほうの金具が今にも観客席に飛び込みそうで、不安いっぱいに眺めてたお客さんも居ましたよねー。それもしっかりと仕組まれたパフォーマンスだったんでしょうね、きっと。

また興味が湧いて来たんですけど、この旗っていったいいくらぐらいするものなんだろうって皆さんも気になりませんか?

momospapaは色んなものに興味を持つし、すぐに実行するんですけど、この『旗』についても少ーしだけ経験があるんですよ。どこかで振ったのか?って。いいえ違いますよ。

今はオリックスですけど、以前福岡ダイエーホークスだった村松有人選手ってご存知ですかね。彼のファンで、実は応援旗を作って球場に足を運んだんですよ。

『走れ弾丸!村松有人』っていう文字に、背番号23とMURAMATSUというデザインのその旗。大きさは、横が2メートルの縦が1メートルぐらいでしたけど、染物屋さんに頼んで作ってもらいました。値段は2万5千円。今も家のどこかにあるんですけど、チームが変わったんで、いつかは村松選手の実家(石川県金沢市)にでも送ってあげようかなって思ってます。

その大きさから想像すると、よさこいの大旗は10万円前後するんでしょうね。ってえらく現実的な記事でごめんなさい。

公式ガイドブックより引用 よさこい旗隊 勝手気ままな旗の乱舞お楽しみください

今年もやります!やってみせます!!普段は踊り子のバックで控えめにしています旗振りさんが、プライドを持って織り成す勝手気ままな旗の乱舞。フォーメーションなんてありえません。思いっきり目立っちゃいます。 福岡県福岡市 演舞曲 黒田武士Img_0262

ふくこい旗隊 in ふくこいアジア祭り2007の写真を見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

YOSAKOI九州中国キャラバン隊in ふくこいアジア祭り2007

じいちゃんばあちゃんちから届いたゆず。今の時期にぴったりの黄色いその実。酢だけをしぼり出すのはもったいないと、皮を細かくスライスして、これまた泥つきの大根を洗ってスライスし一緒に合わせ酢の物に。何ともいえない贅沢な季節感を味わってます。

平日の夕食はほぼ担当。クッキングパパに早変わりしてますよー。

2008年九州中国YOSAKOI祭りの開催地、北九州からのキャラバン隊。

その演舞もさることながら、旦過市場(たんがいちば)っていうのが気になりますよね。というわけで検索好きのmomospapaがそのあたりを調べてみます。

博多の台所として柳橋連合市場というのがあるが、北九州の台所と呼ばれているのが小倉の旦過市場。小倉城が目の前にあり、小笠原秀政の菩提(ぼだい)寺宗玄寺(禅宗)がある。「旦過」とは禅宗の言葉で、雲水(行脚僧)が宿泊することを言う。そんな風景がこの地域で見られたのが、旦過市場の名前の由来とされている。数年前に約3分の1を消失する大火に見舞われたが、元のにぎわいを取り戻した。(OhmyNews:オーマイニュースから

これで旦過市場の由来についてはOKですね。次に気になるのが、公式ガイドブックにある『焼きうどん』。

地元には『小倉焼きうどん研究所』っていうのがあるくらい、この食べ物は大切されているんですね。それを中心にまちづくりをっていう発想も素晴らしい。こんな風に普段何気なく食べているものも、突き詰めて調べていくと意外なところが発祥地だったりするのかもしれないですね。

市場や食べ物にとどまらず、あらゆるものを大切にする心を失わない北九州。来年の夏は今年以上に熱いものになる、そう予感させるキャラバン隊の演舞に、心から拍手をおくらせていただきます。

公式ガイドブックより引用 YOSAKOI九州中国祭りin北九州キャラバン隊 2008年、北九州が熱い

2008年、北九州が熱い!!来年の九州・中国YOSAKOI祭りは北九州で開催されます。焼きうどんをはじめとするグルメや旦過市場の賑わい、本州と九州を結ぶ「活気あふれるまち」 ぜひお越しください!! 福岡県北九州市 演舞曲 わっしょいYOSAKOI北九州Img_0254_2

YOSAKOI九州中国祭りin北九州キャラバン隊 in ふくこいアジア祭り2007の写真を見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いつもの小道。

momospapaが毎朝楽しみにしている小道を少しだけ皆さんにもお見せしようと、今朝からこっそり小さなデジカメを持って撮って来ました。

いつも1台はカメラを持って回ってるブロガーは、どんなときにもまめなのです。ちょうどお気に入りの中国の研修生に遭遇しました。って確信犯なんですけど。

この方凄くいい感じで、「おはようございます」ってあいさつもさわやかだし、道を譲った私に、「すみません」って優しく声を掛けてくれました。「いえいえ、こちらこそ…朝からごめんなさい」

もうすぐ、研修が終わってしまいそうで、顔が見れなくなるのが寂しい気がします。Komiti_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

妖精連 in ふくこいアジア祭り2007

妖精連って結構歴史を持っていらっしゃるんですね。

2002年10月の第2回ふくこいアジア祭り初披露っていうんじゃないですか。第1回から居ないのが中途半端っちゃ中途半端なんですけど…。しかも國友須賀先生に教えを請うてるじゃないですかー!

自由気ままな妖怪たちは、舞い手が少なかろうが、プログラムに記載されていようがお構いなし。ドタキャンなんて朝めし前。その日踊るかどうかは、全くの気分任せ。このふくこいアジア祭りも、2回目からちゃんとまじめに出てたら7回目の出場のはずなのに、今回で6回目?勘定が合いません。

決して一人で見る気もないんですが、やっぱり怖いもの見たさっていうのはありますよね。ずんずんずんずんこっちに近づいてくる平泳ぎの怪しい面々(これこそ、 『妖』っていう字は間違いだって思える面々)を、この日もこれっぱかりも見る気がないのに、見てしまったニョッキリ出てきた おみ足 を~。

しかも、なんでシャッター押すの、この指は!

公式ガイドブックより引用 妖精連(ようせいれん) 名物が何で名物かをお確かめください

ふくこい名物妖精連。今年もあなたのもとへ参上致します。 福岡県太宰府市 演舞曲 newdayImg_6359

妖精連 in ふくこいアジア祭り2007の写真を見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

美勝女隊 in ふくこいアジア祭り2007

一体いくらまで上がるんだろうな原油。ガソリンは1リットル156円。灯油は18リットル1,749円。『OPEC』『代替エネルギー』『食品の安全性』ってワードは今度の入試とかに出そうですよ受験生のみなさん。

今朝みたいに真っ白な霜だと、朝からストーブ。車は暖機運転って行きたいんだけど…。自己防衛策としても、今日も朝から金の掛からないジョギングに出てきたmomospapaでした。

群を抜いた演舞の力強さ、華麗さに圧倒されます。

それにこの柔軟性。Y字バランスっていうのは聞きますが、もうほとんどI 字ですよね。

チームを卒業したメンバーはその後どんな道に進むんでしょう。普通に学生生活を楽しみ、あるものはさらに進学し、あるものは就職しっていう感じで、それぞれの道を歩み続けるんでしょうね。それでも、ずっと踊りは続けていくのかな?

年が明ければ、そんなそれぞれの道が目の前に広がっていて、歩みを始める。ふっと立ち止まるとき、踊りで得た何かを思い出して欲しいなって思います。そう笑顔で懐かしみながら。

公式ガイドブックより引用 美勝女隊(びしょうじょたい) 華麗で美しく元気に踊ります

2000年に生まれた美勝女隊。たくさんの賞をいただきました。第1回目から頑張ってきた子供達も今年は高校受験生ということでほとんどが引退となりました。平均年齢も一層下がりましたが心機一転、美勝女隊らしく華麗で美しく元気に頑張ります。 福岡県筑紫郡 演舞曲 ○華蝶翔舞(かちょうしょうぶ)Img_6345

美勝女隊 in ふくこいアジア祭り2007の写真を見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ソラリアファイヤー連inふくこいアジア祭り2007

公式ガイドブックの特集を拝見させていただきました。

「ソラリアファイヤー連」は結成以来「アジアの風」をテーマにドラマチックな踊りを目指してきた。一人一人があるときは強く、またあるときは穏やかに吹き渡る風となり、アジアの良いものを伝えていく伝道師となりたい…そんな思いが込められている。(公式ガイドブックより引用)

本当はこんな『しゃべり場』があればなっていうのがmomospapaの理想なんですけど…。多くを語らずただただ踊り舞うっていうのも、それはそれで素晴らしいことなんでしょうけど、やっぱり言葉で伝えなきゃいけない部分も、沢山あるはずだって思うんです。生意気ですけど。

数年に一度新しい踊りに取り組んでいくチームがほとんどでしょうけど、そのコンセプトはどこかで記しておくべきだって、そう思います。

得意のYahoo!辞書によれば、コンセプトって 【創造された作品や商品の全体につらぬかれた、骨格となる発想や観点】って書いてあります。日本語では【概念。観念。】ってなってます。どっちが分かりやすいですかね。

チームに一本の柱を持って新しい楽曲を創り上げていき、そしてなおかつ、古い曲も大切に受け継いでいく。たとえいつの日か、そこから大きく新たな方向に展開する場合もきっと、役に立つ言葉たち。

オフの間に、そんなすばらしい言葉をつむぐ時間を皆さんもお持ちになったらいかがですか。 完成したものを2ページ見開きで編さんしたら、今回の参加チームだけでも300ページ近い凄い宝物の出来上がりですよ。

7歳から62歳までの様々な年代の思いを乗せた風が、さわやかさとともに吹き渡った会場。その雰囲気を写真ではお伝えし切れないのがもどかしいばかりです。

公式ガイドブックより引用 ソラリアファイヤー連 天神から愛と勇気、パワーを発信

今年で7回目の参加です。子供から大人まで元気一杯にかけ回ります。静と動のコントラスト。『美しいもの日本』を表現します。地元天神から愛と勇気。パワーを発信します! 福岡県福岡市 演舞曲 VIVA!(びば!)Img_0248

ソラリアファイヤー連 in ふくこいアジア祭り2007の写真を見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新煽組 in ふくこいアジア祭り2007

人が人を殺しあうって痛ましい事件が続いてますね。

一時期はオノ、今は包丁。それぞれの事件に何の因果関係もないのに、なぜか似たような事件。テレビや新聞が新たな事件を誘発してるって考えるべきか、それとも、神様の気まぐれか…。本当のところは誰にも分かりません。

でも、みんなの笑顔は、きっとそんな悲しい事件を未然に防ぐ有効なワクチンになる。それだけは確かなコトだって思います。

今日も笑顔で居ちゃいましょう。自分もだけど…。

新煽組は、早々と忘年会が終わったみたいですね。でもそれって1回目の?

自分達がお世話になった練習会場の掃除も、ちゃん全員でっていうチームの姿勢に、やっぱり演舞での息の合い方が、他チームと違うなっていう理由を、垣間見た気がします。

下の写真は今までのとは、ちょっと毛色の違ったものにしました。「みんな揃ってどこ行くの?」って感じですけどね。

この方向だと多分JT(日本たばこ産業株式会社)のブルーのキャンペーンガールが一杯居る特設ブースですかね?

たばこ止めなきゃ良かったって思えるくらい興味をそそられる一角でしたね。 写真?ありません…ごめん。

公式ガイドブックより引用 新煽組(しんせんぐみ) ○明るく、楽しく、元気よく踊ります

明るく・楽しく・元気よくをモットーに、今年も老若男女で踊っていきます。 福岡県糟屋郡 演舞曲 WA!Img_0237

新煽組 in ふくこいアジア祭り2007の写真を見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

眞秀羅乃幻影 in ふくこいアジア祭り2007

出雲といえば『出雲の阿国(おくに)』

1603年(慶長8年)に京都の四条河原で演じた『かぶき踊り』が評判になり、今の歌舞伎のルーツになったってことですけど、凄いですよね、そんなに古い記述が残ってるなんて。もっとも本当に実在したのか、本当に踊ったのかっていうのは、神秘的ななぞなんでしょうけどね。

このチーム名の『眞秀ら(まほら)』っていうのは万葉集に出てくる大和言葉で、真に秀でたものっていう意味らしい。幻影っていうのは実際には存在しないまぼろし。

演舞曲の『鐘馗』って中国の魔よけの神。疫鬼(えきき)を追い払う神として信じられている…。

調べ出したらきりがないくらいなんですけど、ただ一つ確かなのは、眞秀羅乃幻影は紛れもなく皆さんの前に舞い降りてきて、病気の鬼を退治してくれたってことですよね。おかげ様で寒風吹きすさぶ会場に2日間座りつづけたmomospapaは、いたって元気。風邪なんて引きませんでした。

この衣装の華やかさはやっぱり凄いですね。それ以上に素晴らしい笑顔で、はやり始めたインフルエンザをやっつけちゃってください!

公式ガイドブックより引用 眞秀羅乃幻影(まほらのげんえい) 善・悪の心の葛藤をイメージしてください

ふくこいアジア祭りご開催おめでとうございます。古の神話の國、島根より2回目の参加となります、眞秀羅乃幻影です。皆様のお陰により、私たちの「よさこい」も活動4年目を迎えることが出来ました。今年は新曲で、更なる「鬼退治」と称して祭事に参加させていただきます。テーマは「心」  人の気持ちを左右する善・悪の心の葛藤をイメージしています。妖艶な立ち振る舞いが出来れば何かな見えてくるかも…。よろしくお願いします。 島根県出雲市 演舞曲 鐘馗(しょうき)Img_6303

眞秀羅乃幻影 in ふくこいアジア祭り2007の写真を見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

金眼鬼 in ふくこいアジア祭り2007

暑~い!朝から汗が…。頑張って体力づくりに励むmomospapaです。

星野JAPAN頑張りましたねー。3日間感動させていただきました。やっぱり国を背負って頑張る姿っていいですね。

過去にどんなことがあっても、少なくとも日本人は、他国の頑張りに対してブーイングなんてしちゃダメですよね。   そうそう印鑑Inkan_4 も『たまには』こんな風に仲良く…?                 

うらじゃ祭りって失礼ながら初めて知りました。

うらって桃太郎に登場する鬼のことなんですね。鬼=悪者って、イメージだけで判断しちゃいけないっていう地元の人々の優しさに守られ、桃太郎同様大事にされてる。そんないい話も知ることができるよさこいってなかなか奥が深いですよね。

こうやって調べていくと、なかなか面白いですよ。

みなさんも踊りがオフの間、もっと自分たちのことや、楽曲にちなむいい話、今までの歴史なんかを調べてみたらどうですか?

金眼鬼演舞同様、『これから』踊りにもっと気持ちがこもること、請け合いですよ。

公式ガイドブックより引用 金眼鬼( きんめっき) テーマは舞志道。「うらじゃ」舞います

岡山「うらじゃ祭り」から飛び出してきた踊り連、金眼鬼です!今年のテーマは舞志道。踊りを楽しみ、踊りで楽しませる。これこそ、鬼祭り「うらじゃ」!岡山の誇りをとくとご覧あれ! 岡山県岡山 演舞曲 ○舞志道~The Second Stebe~Img_0228

金眼鬼 in ふくこいアジア祭り2007の写真を見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

炎~ほむら~ in ふくこいアジア祭り2007

このチームも高知なんですね。

でもこっちは鯨に乗らずに、SLの旅。

赤い炎 オレンジの炎 青い炎 白い炎 みんなの炎 いろんな炎が見えます。旅の楽しさをミュージカルっぽい感じで表現するその演舞。

やっぱり高知~はりまやばし経由。その勢いを福岡まで運んでくれました。

高知にはこんなチームがいっぱい集まるんでしょうね。もしかして、高知の学生でよさこいやらない人って皆無だったりして…。

いつの日か、ただただ純粋に楽しみながら見てみたいな、いろんな炎。カメラは持たずにただただゆっくりと…。

公式ガイドブックより引用 炎~ほむら~ テーマ「旅」。炎の舞をお見せします

炎は高知大学学生を中心としたチームです。曲のテーマは『旅』。旅の中から生まれるそれぞれのストーリーを、激しい踊りの中から創り上げていきます。炎の舞で、最高の笑顔を福岡の地にお届けします! 高知県高知市 演舞曲 旅-tabi-Img_6248

炎 in ふくこいアジア祭り2007の写真を見る

| | コメント (2) | トラックバック (0)

高知学生「旅鯨人」 in ふくこいアジア祭り2007

なんで鯨なんだろう?

瀬戸内海での捕鯨っていう記述をどこかで見かけ記憶があります。明治時代は時々鯨が回遊していたみたいですね。

そのあたりから来てるのかって思ったら、ぜんぜん違うんですね。もともと「高知学生チーム」っていう名前だったのを、よさこいを通じていろいろなところへ行きたい、鯨のようにスケールの大きなチームになりたいっていう願いが込められた『旅鯨人』なんですね。

いい名前だって関心しました。

さらに掲示板を見せてもらったら、『室戸貫歩』っていうイベントにも参加されたんですかね?総距離約100キロメートルっていう凄い距離を、午前9時スタート~翌日午後3時までにゴールしなければ失格っていう高知大学名物の過酷なレース。

原宿スーパーよさこいやグアム遠征・・・。

その情熱はとどまるところを知らないって感じで、ふくこいアジア祭り2007でもすばらしい演舞を見せていただきました。

でもちゃんと日本の古き時代の良さも、その衣装や楽曲に織り交ぜる『鯨人魂』、とことん楽しませていただきました。 でも、鳴子マン風邪引かなかったかな~?


公式ガイドブックより引用
 高学生知「旅鯨人」(こうちがくせい たびげいにん) テーマは「和」 衣装をご覧あれ

私たち旅鯨人はよさこいの本場高知の学生チームです。今年のテーマは「都」ということで和柄を取り入れ十二単を意識した衣装を作りました。またマスコットキャラクターの鳴子マンの動きにも注目です。 高知県高知市 演舞曲 都(みやこ)Img_6236

旅鯨人 in ふくこいアジア祭り2007の写真を見る

| | コメント (2) | トラックバック (0)

童謡連手鞠 in ふくこいアジア祭り2007

童謡でよさこいを よさこいを童謡で演じてみます

てんてんてまりは みなさまの むねにだかれて たびをして ここはよいくに ふくのくに みなのげんきになったげな みなもげんきになったげな

てんてんてんまり てんてまり
てんてんてまりの 手がそれて
どこからどこまで とんでった
かきねをこえて 屋根こえて
おもてのとおりに とんでった
とんでった
 

この歌を生で歌ってすぐ演舞に戻る踊り手 かっこいいー。中山晋平も西条八十も喜んでるしょうねきっと。

手鞠ってやっぱり風情がある言葉ですよね。ボールじゃ味気ない。もっと大切にしたい日本語って一杯あって、もっと大切にしたい日本も一杯ある。そう私たちに訴えてくれるような演舞。

踊り終わったチームに 「チャンピオン~」 「うまい」 「チャンピオン チャンピオン!」って会場の笑いを誘った年配の男性。みんなも「そのとおり」って認めてましたよ。まさに会場に詰めかけた見手と踊り手とが一つになった一瞬ですね。

その「ありがとうございました」の礼は、どのチームより深く長かった童謡連 手鞠。爽やかな演舞ありがとう。そしてふくこいアジア祭り初参加おめでとう。

公式ガイドブックより引用 童謡連 手鞠(どうようれん てまり) 童謡をよさこいの演舞で表現します

古き懐かしい童謡が、子供たちの口から歌われなくなっています。その童謡をよさこいで演舞できないかと考え、童謡連手鞠を結成しました。大人が真剣に踊る姿を子供に見せて、子供たちもその姿に触発する。それが童謡連手鞠の姿です。 山口県宇部市 演舞曲 よさこい手鞠唄Img_0223

童謡連手鞠 in ふくこいアジア祭り2007の写真を見る

| | コメント (2) | トラックバック (0)

市比野温泉よさこい踊り隊inふくこいアジア祭り2007

鹿児島だから楽曲ってもちろん純な日本語に決まってる…なんて先入観持ってたらダメですね。

「カモンエーブリバーディー!」ってハイカラだー。でもよーく聞いてると日本語?いややっぱり外国語…奥が深いですね。

もうひとつ注目は衣装。黒がベースに『市比野温泉よさこい踊り隊』の白抜き文字。これは全員一緒。

でも右半分のデザインとか襟、帯、細かなところでは裾の縁取りに至るまで、一つ一つ同じものはないんじゃないですかね。これって大漁旗かなんかで、全部手作りだったりするんでしょうか?それぞれが個性を主張しつつ、根っこの部分は一つって感じで余計にまとまりを感じる演出に感服してしまいます。

大人も子供も一緒になって楽しく舞う姿に、ぜひとも川内でのみんなの演舞を見てみたいなって気持ちが高ぶりました。来年はきっとその地に居るんだろうなmomospapaは。

とはいえ、君は何もの?孫悟空?

りりしい眉だなー!ってそれメイク?

好きだなそのキャラ、その小旗。

公式ガイドブックより引用 市比野温泉よさこい踊隊(いちひのおんせんよさこいおどりたい) 恩返し!活気と元気をお届けします

私たちはふくこい踊り隊を親に持ち、温泉街に活気と元気を…と集まった仲間たちです。昨年は九州中国よさこい祭りを向かえ薩摩川内で大成功させることが出来ました。ありがとうございました。今回は親孝行に来ました。 鹿児島県薩摩川内市 演舞曲 祭り市比野(まつりいちひの)Img_6138

市比野温泉よさこい踊り隊 in ふくこいアジア祭り2007の写真を見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あばれんinふくこいアジア祭り2007

宮崎といえばオレンジっていうイメージはやっぱりジャイアンツのそれから来てるのかな。じゃなくってほくほくのカボチャ?それとも…日向=太陽のイメージかな?

テンポのいい曲から一転。

♪~ 腰の痛さよ 山畑開き 春はかすみの日のながさ  もろたもろたよ いもがらぼくと 日向カボチャのよかよめじょ  ジャガ ジャガ マコチ エレコッチャ  ジャガ ジャガ マコチ エレコッチャ ~♪

みんな『掛け声』も『ありがとうございました~』もオクターブ高いなー。元気一杯!

あばれんってどういう意味って検索したら『あばれんぼう』(アバ!RAINBOW)っていう意味なんですね。またホームページをチェックしてしまった。掲示板にも、いい書き込みが一杯で、市比野でも大暴れだったみたいですね。

宮崎とか鹿児島みたいな南国なら、別によさこいオフ・シーズンなんても設けなくてもいい気がするのはmomospapaだけですかね?少し寒いところだって、室内なら…って考えは、やっぱり素人の浅はかさなんでしょうね。でもオールシーズン見たいよ よさこい!

寒いとけがしやすいからなんて理由からだったら、テーピングセット持参でいつでも駆けつけるのに…ってまだ言ってる踊れないブロガーでした。書き込みしよ~うっと!

とても春までなんて待てないよ K。

公式ガイドブックより引用 あばれん 南国の風、神々の舞をご覧ください

3回目の参加となりますが、今年は南国の空気をたっぷりと詰め込んだ新曲「舞風」を、福岡では初お披露目させていただきます。神話のふるさと宮崎の地より、どうぞ神々の舞をご覧ください。 宮崎県小林市 演舞曲 舞風(まいかぜ)Img_6134

あばれん in ふくこいアジア祭り2007の写真を見る

| | コメント (2) | トラックバック (0)

玉名踊隊「尚縁」 in ふくこいアジア祭り2007

「武士達の夢」って曲にふさわしく緊迫感が伝わる演舞です。いくらなんでもmomospapaも「笑ってー」なんてつぶやきません。でも最後はちゃんと笑顔ですよね。

っていうのがみづまでの記事の全文です。短いですよね。

それから一月半、少しはブログらしくなりつつあるのかなーって自己分析したいんですけど、やっぱりネタ元がないとどうしても寒しい文章になってしまいます。なぜかっていうと、やっぱりよさこいについての知識がmomospapaにまったくないっていうのが理由なんですけどね。

今でもぜんぜんそのあたりは進歩してないんですけど、各会場での笑顔が見たいばっかりにあちこち出かけていってるっていうのが現状です。

しかも、撮影ばっかりに気を取られて、肝心の演舞のほうも、あれこれ文章で表現できるほど記憶にとどまってないんですよね。

でも、皆さんの笑顔だけは、ちゃんとこの右の目に残るんです。「おー今日も笑ってる。」「今日も飛び跳ねてる。」 逆に「あれここでにっこりしてくれるはずなんだけど」って首をかしげるときもあります。「どうしたの?」って気になり始めてダメですね。

筋金入りの心配性なんで、笑えるんだったらやっぱり笑ってて欲しいなって思ってます。

今回の尚縁の演舞。もちろん懐かしい笑顔に再会できたことは言うませもありません。

公式ガイドブックより引用 玉名踊隊「尚縁」(しょうえん)  平和を願ったであろう武士たちの想い

人築城40年を迎える熊本城。その城で平和を願っていたであろう武士達の想いを踊りにしてみました。ふくこいアジア祭り2007のご開催をお祝いいたしまして一所懸命躍らせてください。 熊本県玉名市 演舞曲 武士達の夢Img_6067_3

玉名踊隊「尚縁」 in ふくこいアジア祭り2007の写真を見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »