« 大分舞華軍団 in ふくこいアジア祭り2007動画編2 | トップページ | みやざきえれこっちゃ隊 in ふくこいアジア祭り2007 »

平戸風神社中 in ふくこいアジア祭り2007

平戸の田助港は日本のハイヤ節発祥の地とされています。

そこで生まれたハイヤ節は船乗りたちに歌い継がれながら旅を続け、全国各地に伝えられ、その地で変化をし根付いているそうです。

天草の牛深では『牛深ハイヤ節』、鹿児島では『鹿児島ハンヤ節』、京都府の『宮津のアイヤエ踊り』、宮城県の『塩釜甚句』、茨城県の『潮来甚句』、秋田県の庄内ハエヤ節、新潟県では『佐渡おけさ』、青森県では『津軽アイヤ節』、北海道の『アイヤ節』、と数え上げればきりがなさそうですね。

今の時代では、生まれた歌はラジオやテレビなど電波に乗って全国各地に伝わっても、原曲そのままの形で聞くことが出来、ハイヤのように人伝えゆえにその地で変化することはなさそうですね。逆に何か味気ない気もします。

ハイヤに限らず、全国各地で色んな祭りが行われていて、もとはどこからか伝わったものもあるでしょうが、長年の間にすっかり地元の人に親しまれるものになっています。

踊らされるのではなく、自ら踊るその姿は、その時々の人々の感情とあいまって、見るものに大きな感動を与えてくれます。踊りで何かを表現したいという人間の奥底に潜む熱い本性が、我々の心に届くんでしょうね。

一つの考えでは、そのような踊りをよさこいとイコールとすることも間違いではないかもしれませんね。もちろんよさこいの範疇は凄く大きくて、それを一言で論じることは不可能に近いでしょう。ですが、盆踊り、豊年踊り、獅子舞、ダンス、バレエ、舞踏、舞踊、日舞、洋舞、剣舞など、古くから伝わった踊りがもとになっているものも少なくないのかもしれません。

平戸風神社中のみなさんの活動は、そんな古くから伝わるものをもっと多くの人に、自分たちの体で表現しよとすうもので、それは映像や人づてでは伝わらない貴重なものですね。

いつか自分たちのルーツになったものを探してみたい。そんな気にさせる素敵な演舞でした。

公式ガイドブックより引用 平戸風神社中 長崎平戸の伝統芸能をご覧ください

私たちは平戸の伝統芸能である「平戸田助(たすけ)ハイヤ節」をベースとした踊りを通して、全国の仲間と交流をしています。 長崎県平戸市 演舞曲 ハイヤ2007縁Img_8071

平戸風神社中 in ふくこいアジア祭り2007の写真を見る

|

« 大分舞華軍団 in ふくこいアジア祭り2007動画編2 | トップページ | みやざきえれこっちゃ隊 in ふくこいアジア祭り2007 »

ふくこいアジア祭り2007」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/478185/9488497

この記事へのトラックバック一覧です: 平戸風神社中 in ふくこいアジア祭り2007:

« 大分舞華軍団 in ふくこいアジア祭り2007動画編2 | トップページ | みやざきえれこっちゃ隊 in ふくこいアジア祭り2007 »