« 長崎大学「突風」 in ふくこいアジア祭り2007 | トップページ | 九州看護福祉大学飛羽隊 in 平戸南風夜風人まつり動画編 »

VOGUE603 in ふくこいアジア祭り2007

『栄華日記』、読ませていただきました。その誕生の秘話、札幌での演舞。悔しさ。北海道から福岡の地に引き継がれるネオジャパネスク 栄華

演舞の場所だけでは分からない沢山の苦労や涙や感動があふれているんですね。

よさこいがどんな分類をされるのか、素人の自分には全く分かりません。というより、言葉でそれを表そうとすること自体が、すでによさこいの理念から外れた行為なのかもしれません。

10人以上での演舞、鳴子を持つ、4分半以内…。細かな縛りはあるものの、それはあくまで審査を基準にしたものであって、誰に対しても、決して門戸を閉ざすことはないよさこい。だからこそ、老若男女を問わず多くの人に愛されるのだろうなって感じます。

人数が不足している。鳴子を落とした。演舞時間がオーバーした…、そんなことで、みんなの笑顔が曇ることはありません。10人揃わなくても踊りを披露してくれたチームも一杯居ます。人数が少なければ感動は伝わりにくいって思うかもしれませんが、笑顔に差はないと言い切れますよね。

ただ、大勢が集まればそれだけ、個と個がぶつかり合って、一体感を持たせる苦労は相当なものだっていうことは間違いない事実ですよね。

VOGUEのように多数での演舞により何かをつかもうとするチームもあれば、少人数でもそれなりの楽しみを持ちながら笑顔で演舞するチーム。色んなチームが見られるからこそよさこいの魅力は奥が深いんでしょうね。

公式ガイドブックより引用 VOGUE603(VOGUE038) 華やかで優雅なステージをご覧ください

今回のテーマはネオジャパネスク栄華。古の日本からある和の素材を活かし華やかで優雅なステージを作ります。福岡の皆様との出逢いを大切に祭りを最後の最後まで楽しみます!どうぞよろしくお願いします。 北海道札幌市 演舞曲 ネオジャパネスク 栄華Img_0607_2

VOGUE603(VOGUE038) in ふくこいアジア祭り2007の写真を見る

|

« 長崎大学「突風」 in ふくこいアジア祭り2007 | トップページ | 九州看護福祉大学飛羽隊 in 平戸南風夜風人まつり動画編 »

ふくこいアジア祭り2007」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/478185/9488453

この記事へのトラックバック一覧です: VOGUE603 in ふくこいアジア祭り2007:

« 長崎大学「突風」 in ふくこいアジア祭り2007 | トップページ | 九州看護福祉大学飛羽隊 in 平戸南風夜風人まつり動画編 »