カテゴリー「ふくこいアジア祭り2007」の246件の記事

3枚目目前。

…なんですけど、寿司の食べすぎで発熱して、今日の完成は断念します。

Hd でも、残り28チームのデータはこの100G外付けハードディスクの中に収まってます。
そのうち24チーム分は3枚目のDVDに、残り4チームと写真のデータをスライドショーに仕上げて、計4枚組で完成できるんじゃないかなって思ってます。

そういうわけで、今日は夜更かしせずに早めに寝ます。皆さんも食べすぎにはくれぐれもご用心を…って、そんな子供みたいな大人の方はいらっしゃいませんよね。

そういえば、笑顔をもらいに2008の方に久留米でてこんの祭でのスタジオMJダンススクールの熱演の様子をアップしています。

| | コメント (0)

2枚目完成!

DVDの2枚目が完成しました。

今視聴中です。ちょうど“まほろば衆”がその覆面を取って、素顔を現したところ…happy01Dsc00246

今回はスタート画面のふくこいアジア祭り2007の文字を赤にしてみました。最初からそうすべきだったなーって思ってます。

Dsc00247残り28チーム。3枚では収まらず4枚になりそうです。本当は1枚に収めるチーム数をもっと少なくすれば画像も綺麗なんでしょうが、そうするとメディア(DVD)の方が多くなり過ぎですよね。
もっとも2日間の熱演を、数枚に収めよって思うのが無理ですね。

今日は、久留米に出かけてきます。
『第2回くるめでてこんの祭』 よさこいチームも出演しそうです。
でもメインの取材は井口弘子さん。
その様子は笑顔をもらいに2008でお伝えします。

DVD#2収録チーム名

  1. 童謡連手鞠
  2. 高知学生「旅鯨人」
  3. 炎~ほむら~
  4. 金眼鬼
  5. 眞秀羅乃幻影
  6. 新煽組
  7. ソラリアファイヤー連
  8. 美勝女隊
  9. 妖精連
  10. YOSAKOI九州中国祭りin北九州キャラバン隊
  11. 須賀連
  12. ふくこい踊り隊
  13. ふくこい連
  14. OGORIよさこい連
  15. 久留米よかたい
  16. ちっご☆きずな隊
  17. ちっご舞瀾℃de笑隊夢
  18. よさこい夢美組
  19. 肥後荒尾さのよい踊り子隊
  20. よさこい連みづま
  21. かすがYOSAKOI隊
  22. 太宰府まほろば衆 帥
  23. アートフリー

| | コメント (0)

完成!!

ついに完成しましたよDVD。
といってもまだふくこいアジア祭り2007の11月10日編第1部だけですけど…bleah

もちろんテレビでもパソコンでも家でも外でも友達とでもチームのみんなとも、好きなときに好きなだけ、あの感動の演舞を見れますよ。Dsc00243

レーベルはやっぱりシンプルにバックパネルに描かれた
2007 ふくこいアジア祭り で決まりみたいです。
これにシリアル番号みたいに#001から順に数字をふって行こうかな。Dsc00245

この1枚目のDVDに収められてる演舞チームは以下のとおりです。
ひとみさん テツ&飛熊(呼び捨てwink) 写ってますよ~good
太宰府で渡す予定でいますからね。しばらくお待ちを・・・。

  1. BBC元気ッス
  2. 薩摩源氏蛍
  3. T・Kふれんず
  4. かちゃいし
  5. BBスタイル
  6. 空舞流
  7. 炎舞恋夢
  8. VOGUE603福岡
  9. よさこいドリームキッズ
  10. TEAMまいだし
  11. 福岡大学七神
  12. サンフレッシュ隊
  13. 緋縅連星舞
  14. 志免清龍隊with不彌
  15. 北九州市立大学「灯炎」
  16. 九州看護福祉大学 飛羽隊
  17. 大分舞華軍団
  18. 震度10
  19. 三玄踊華隊
  20. 九州福岡立花組
  21. 神楽里
  22. 玉名踊隊「尚縁」
  23. あばれん
  24. 市比野温泉よさこい踊り隊

| | コメント (2)

あとちょっと。

昨夜4時前まで頑張って今朝もギリギリまで待ったんですけど、まだDVDは書き込みが終わってイジェクトして来ませんでした。でももう今ごろは無事に完了してるでしょう。

通常であれば、夕方が楽しみっていうところですが、その時間が取れそうにありません。というのも今日は付き合い酒。気乗りしないものの、大人の世界は色々ありますよね。自分でお金出して、なのにかしこまって飲む酒なんて美味いわけがなく、酔えない酒になりそうです。

Dsc00234 Dsc00235 Dsc00236

これが出来上がったら、DVDのレーベルのデザインを考えなきゃ。
色んな笑顔が入った、見ただけでも楽しくなるような感じのものに仕上がるといいんですけど。

いずれ試作品が出来あがったらまたここで紹介させていただきます。
というようなわけで、記事のほうは一段落したものの、まだまだ笑顔にかかわる作業は続きそうです。

| | コメント (0)

動画編集中

やっと本気モード。
今日はふくこいアジア祭り2007の分を編集し始めてみました。
編集っていっても、当日使用したカメラは一個。しかも固定したままで、ズームで追っかけなんて出来てないから編集のしようがないんですよね。

だからここをこう仕上げようって力を注ぎ込む部分はなくて、強いていうなら、最初のタイトルの字体と色。
例えば、BBC元気ッスだったら、タイトルの色はピンク。
それはミツちゃんの衣装の色を尊重して…。あと、あばれんだったら当然マンゴー色って感じです。 Dsc00216

Dsc00217 でもそれでいいのかなって疑問が出て来て、チームが進んでいくにしたがって、段々とその編集の仕方が変わってきます。どうなんだろう。
でもあれこれ悩んでるような時間はないんですよね。また11月10日の半分って感じですから、とりあえず仕上げてしまいましょう。そして近しい人には、その感想をお願いするためにも、贈らせていただこうかな。

みなさんにも、このブログ内でご覧いただいてきた動画編をたぶんDVD2枚(…いや3枚になるかも)程度で収めてみます。モニターいただける方はコメント欄でお知らせくださいhappy01

| | コメント (0)

みやざきえれこっちゃ隊inふくこいアジア祭り2007動画編2

このように記事を上げていく瞬間にも、アップと同時にその内容を見ていただく方も居られることは、やはりインターネットの凄さを感じます。
でもそんな便利さを悪用して、利益を得ようなんて考えたものも居たって知らされると、その非常識さが許されませんね。真面目にやってる人が馬鹿を見るような世の中じゃいけない。もっと謙虚に生きなきゃいけないっていう思いも、逆にそんな事件から感じます。

神様から与えられたその身体ひとつで、それぞれの想いを踊りで表現する。
それを見た神様は、そんな人間の行いを喜んで、そこに集まる人々の頬の緊張をゆるめる魔法をかける。
そう、笑顔ですよね。
この笑顔そのものが『福』なんだなって、誰もが気づきながら、また心から笑い合う。
「ふくよこい!」なんて、声を大きくする必要もないこの場所に、自分も居れたことに素直に感謝したいと思います。
そして、みやざきえれこっちゃ隊の演舞をこの位置に決めた主催者側の細やかな気遣いに感心し、ふくこいの記事を終わらせていただきたいと思います。

| | コメント (0)

みやざきえれこっちゃ隊 in ふくこいアジア祭り動画編1

雨で、どこかに出掛けようと思わない日曜日。モモの軽い寝息を聞きながら、記事を書かせていただいてます。
コツコツと進んできたふくこいアジア祭り2007でのみなさんの演舞の様子をお伝えし始めましたが、凄くゆったりした歩みになってしまったなと、自分でも感じています。
今日のニュースはもう夕刊で、それより大きなものは号外でっていう新聞と違って、時間に迫られないゆったり感が、逆に一歩一歩進もうって思わせてくれたのかもしれません。
よさこいに興味を持ち、インターネットで検索し、でも余りにそのヒット数が少なくて、だったら自分で見た感動を自分の手で残そうって考えたこのブログ。
一日も休むことなく続けて来れたのは、毎日のように記事を見ていただくみなさまや、ありがたいコメントで励ましていただいたお陰だと感謝しています。

| | コメント (0)

平戸風人社中inふくこいアジア祭り2007動画編2

緊張を和らげるための笑いって凄いなって思いますよね。
道化役を演じきれる人は、本当は凄い人なんだって聞いたような聞かなかったような気がしますが、その代表はやはりチャップリンなのかもしれません。
記憶も薄らいでいるのですが、以前は白黒の短編ものがテレビで放送されていたと思います。それがチャップリンだって知ったのはもっと後なんでしょうけど、もちろん無声だったその映像。
笑える場面ばかりではなく、恋心を描いた場面では胸がキューンとなるし、失敗しても失敗してもやり遂げる力強さも感じたその動き。どこか踊りに通じるものがあるように思います。
郷土芸能って呼ばれる踊りの中には、代々受け継がれて来たものが一杯詰まっているのかもしれません。
能などもそうなんでしょうね。言葉ではなく動きで表現する。
凄いですよね。平戸風人社中の踊りも、もっとその内容を突き詰めれば、人間にとって大事なものが見えてくるような気がします。
みなさんも、そんな目で自分たちや他のいろんなチームの踊りを見られてみるのもいいかもしれませんよ。

| | コメント (0)

平戸風人社中inふくこいアジア祭り2007動画編1

このあたりまで来ると、お日様の明かりもなくなって、もう暗さが感じられますよね。
だけど、その暗さが逆にこの平戸風人社中の演舞を幻想的なものにしています。
審査を伴わない分、見る側もなぜかゆったりとした気分でその動きを眺めることが出来ました。
それまでの大賞を競った踊り手の側の緊張がやはり、会場に少しだけ張り詰めた空気をもたらしていたのかもしれません。
決勝進出チームが発表されたあとのこの演舞。やはり和めて、肩の力が抜けますよね。
この福岡で、長崎平戸の舞が見れるっていうのもよさこいならではだなって思いながら、撮影をさせていただきました。
ガイドブックの中の出場チームをその県ごとに割り振った日本地図を見ると、改めて日本の広さを実感します。
ここに集まったのは交通の便もあってほとんどが九州のチーム。およそ90もの多くの方々がおみえでした。
それに加えて中国四国地方、最も遠方は北海道となれば、やはり規模の大きさとともに、自分が知らない日本がまだ一杯あるんだなって感じました。

| | コメント (0)

VOGUE603inふくこいアジア祭り2007動画編2

大人になると、息が苦しくなるほど身体を動かすなんてしなくなりますよね。
学生のころは毎日運動してたのに、就職したらすぐにデスクワーク。
身体は運動を求めてるのに、頭が休みたがる。
本当はそんな疲れたときこそ軽く身体を動かすべきなんですけどね。
よさこいは絶好の有酸素運動ですね。何よりいいのが、誰にも気兼ねなく笑顔が出せることです。
ジョギングしながらニタニタなんてしてたら、すれ違う人から『?印』一杯の目でいぶかしがられてしまいます。
VOGUEのみなさんの練習の場所では、逆に一杯の緊張感が漂うのかもしれませんね。どこで動き出して、どこで止まるのかだけでも、凄くたくさんの積み重ねが必要になるだろうし、一人だけでも大変なその動きを、全体の動きの中で整理しなければならない。
ひとつの考え方では、これも人間社会の一場面って考えもあるのかもしれませんね。一人ひとりがバラバラでは成り立たないことが多い社会生活。最後の大きな感動のために、みんながまとまりあう。
そんな想いもこの演舞に込められているのではって思うのは、くどすぎますかね。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

2008YOSAKOIさが in 栄の国まつり | B.D.S family | YOSAKOIかすや祭り | YOSAKOIさせぼ祭り | YOSAKOIみづま2007 | おおかWA!ダンスまつり | かすがYOSAKOIカーニバル2007 | かすや2008初踊り | さのよいファイヤーカーニバル with 荒炎祭 | さのよいファイヤーカーニバル2009 | さるくCity403遊歩隊12周年記念交流会 | ふくこいアジア祭り2007 | ふくこいアジア祭り2008 | ふくこいアジア祭り2009 | まつりえれこっちゃみやざき2008 | みなまたYOSAKOI祭り | むなかたおどってん祭 | むなかたこども芸術祭 | わっか祭 | ウェブログ・ココログ関連 | キラキラフェスティバル2009 | 八女べんがら村10周年創業祭 | 卑弥呼の火祭り | 太宰府天満宮門前真舞祭2009 | 寝太郎まつり | 川棚温泉まつり舞龍祭 | 川棚温泉まつり舞龍祭2010 | 平戸南風夜風人まつり | 広川まつり | 携帯・デジカメ | 日記・コラム・つぶやき | 朝倉市民祭り2009 | 火の国YOSAKOIまつり | 玉名温泉夢まつり YOSAKOI | 矢部まつり | 笑顔をもらいに~2008~ | 笑顔をもらいに~3号店~ | 笑顔をもらいに~4号店~ | 笑顔をもらいに~5号店~ | 第1回豊の国YOSAKOIまつり | 第1回黒崎よさこい祭り | 第11回YOSAKOIさせぼ祭り | 第12回YOSAKOIさせぼ祭り | 第13回YOSAKOIさせぼ祭り | 第14回YOSAKOIさせぼ祭り | 第2回関門よさこい大会 | 第4回くるめほとめき祭 | 第4回関門よさこい大会 | 第5回やよいまつり | 第7回 太宰府門前真舞祭 | 第9回YOSAKOIかすや祭り | 節分祭 in 成田山大勝寺(荒尾) | 芦刈よさこい祭り2009 | 2009かすや新春初踊り | 2010かすや新春初踊り | 50音索引 YOSAKOIみづま | 50音索引 かすがYOSAKOIカーニバル | 50音索引 ふくこいアジア祭り